ラジオの放送内容を聴く
ラジオ第2 2019年6月6日(木)の放送内容

台湾 高速道路で戦闘機の離着陸訓練

TAIWAN USES HIGHWAY FOR AIR FORCE DRILL

2019年5月29日のニュース

英語タイトルのdrillは「訓練、演習」で、TAIWAN USES HIGHWAY FOR AIR FORCE DRILLは「台湾が高速道路を使って空軍の訓練を行う」です。
台湾は、年に1度の大規模な軍事演習を5日間にわたって行いました。どのような演習だったのでしょうか。また、この背景にある中国政府の態度はどのようなものでしょうか。こうした点に注意しながら、台湾と中国をめぐる国際関係を英語で学習しましょう。

Taiwan's air force has conducted a drill using a highway to simulate a response to an attack by Chinese jets on its airfields.
The landing-and-takeoff exercise involved 13 aircraft, including a U.S.-made F-16 and a French Mirage 2000. The highway was closed during the operation, and all of the traffic signs were removed beforehand. It was part of an annual five-day military exercise, and the first time a landing-and-takeoff drill has been held since Tsai Ing-wen became president in 2016.
In January, Chinese President Xi Jinping said Beijing will not rule out the use of force to counter the island's moves toward independence. Last week, Taiwan's military carried out a major live-fire drill off the island's east coast, again simulating attacks from mainland China.
番組やホームページで題材にする英語ニュースは、放送から一定期間が経過したニュースです。そのため、現在は状況や事実関係が異なっている場合があります。
台湾空軍は、飛行場が中国軍機に攻撃された時の対応を想定して、高速道路を使った訓練を行いました。
この離着陸訓練にはアメリカ製のF16戦闘機や、フランス製のミラージュ2000など、13機が参加しました。高速道路は訓練の間閉鎖され、交通標識などは事前に全て撤去されました。これは毎年5日間行われる軍事訓練の一環ですが、離着陸訓練が行われたのは、2016年に蔡英文総裁が就任して以来はじめてです。
1月には中国の習近平国家主席が、台湾が独立に向けた動きを見せれば、中国政府は軍事力を使った対応も排除しないと述べています。台湾軍は先週も、やはり中国本土からの攻撃を想定して、東海岸沖で大規模な実弾発射訓練を行いました。
この日本語は学習用に英文ニュースを和訳したものであり、実際の放送された日本語のニュースと表現が異なる場合があります。
air force
drill
simulate
response
airfield
takeoff
exercise
operation
beforehand
rule out
counter
independence
carry out
mainland
ここでの日本語訳は、該当する英語ニュースでの使われ方をベースにしています。名詞[名]は「名詞句」を含みます。句動詞[句](Phrasal Verbs)とは、英語で「動詞+副詞」または「動詞+(副詞)+前置詞」によって構成されて特別な意味を生じ、まとまって1つの動詞のように機能する定型のフレーズのことです。