ラジオの放送内容を聴く
ラジオ第2 2019年3月19日(火)の放送内容

エチオピア機墜落 同型機の運航停止相次ぐ

BOEING 737 MAX 8 UNDER SCRUTINY

2019年3月12日のニュース

英語タイトルのscrutinyは「綿密に調べること」で、BOEING 737 MAX 8 UNDER SCRUTINYは「ボーイング737MAX8、精査中」です。
エチオピア航空の事故で墜落した機体と同型機の「ボーイング737MAX8」について、エチオピアをはじめ中国やインドネシア、EU各国など、多数の国や地域の航空会社が運航の一時停止を決めるなど、影響が広がっています。
今回のニュースを通して、飛行機の安全性に関する英語表現を覚えましょう。

A number of global airlines are grounding their fleets of Boeing's 737 Max 8 passenger jets. That's after Sunday's crash in Ethiopia killed 157 people. It was the second fatal accident involving the same model of plane in the last five months. The 737 is the best-selling jet in history and the most fuel-efficient version is the Max 8.
Ethiopian Airlines has grounded all its 737 Max 8s until further notice as a safety precaution. China's Civil Aviation Administration has ordered airlines there to do the same. Airlines in Indonesia, South Africa, Argentina, Singapore and elsewhere have followed suit.
Safety experts are cautioning against comparing Sunday's accident with the crash of a Max 8 in Indonesia last October that left 189 people dead.
番組やホームページで題材にする英語ニュースは、放送から一定期間が経過したニュースです。そのため、現在は状況や事実関係が異なっている場合があります。
世界各地で複数の航空各社が、それぞれが保有するジェット旅客機「ボーイング737MAX8」の運航を一時的に停止しています。これは、エチオピアで日曜日(3月10日)に(エチオピア航空の旅客機)「ボーイング737MAX8」が墜落し、157人が死亡した事故を受けての措置です。「ボーイング737MAX8」が死者を出す墜落事故を起こしたのは、この5か月で2度目でした。ボーイング737は最も売れた旅客機で、その中で最も燃費が良いのがMAX8です。
エチオピア航空は、安全を確保するための予防策として、(有効な措置が取られたという)通達があるまで、保有する全ての「ボーイング737MAX8」について運航を停止することを決めました。また、中国民用航空局も国内の航空会社に同様の対応を求め、さらにインドネシア、南アフリカ、アルゼンチン、それにシンガポールなどの航空会社が続いています。
航空機の安全性について詳しい専門家は、エチオピア航空の事故と、去年(2018年)10月にインドネシアで同型機が墜落し、189人が死亡した事故とを比較するべきではないと警告しています。
この日本語は学習用に英文ニュースを和訳したものであり、実際の放送された日本語のニュースと表現が異なる場合があります。
ground
fleet
passenger jet
fatal accident
model
best-selling
fuel-efficient
notice
precaution
follow suit
ここでの日本語訳は、該当する英語ニュースでの使われ方をベースにしています。名詞[名]は「名詞句」を含みます。句動詞[句](Phrasal Verbs)とは、英語で「動詞+副詞」または「動詞+(副詞)+前置詞」によって構成されて特別な意味を生じ、まとまって1つの動詞のように機能する定型のフレーズのことです。