ラジオの放送内容を聴く
ラジオ第2 2019年3月11日(月)の放送内容

ARの軍事利用に従業員が抗議

EMPLOYEES SLAM MILITARY DEAL

2019年2月25日のニュース

英語タイトルのslamは「非難する」、dealは「契約」で、EMPLOYEES SLAM MILITARY DEALは「従業員が軍事契約を非難」です。
アメリカの大手IT企業がビデオゲームなどに使われるゴーグル型の端末をアメリカ軍に納める契約を結びましたが、従業員の間からは反発の声があがりました。
最新テクノロジーの軍事利用についてのニュースの英語を学習し、会話でも話題として取り上げてみましょう。

Employees at Microsoft have come out in protest against a contract the company signed with the U.S. military.
The 480-million-dollar deal would supply the U.S. military with augmented-reality headsets for training. The goggles allow users to view their surroundings with overlaid computer graphics images.
But on Friday, more than 50 employees sent a letter of protest to CEO Satya Nadella, saying that they "refuse to create technology for warfare and oppression."
This comes after an employee protest last year led Google to decline to renew a contract with the U.S. Defense Department. The deal would have seen the development of unmanned weapons using AI.
番組やホームページで題材にする英語ニュースは、放送から一定期間が経過したニュースです。そのため、現在は状況や事実関係が異なっている場合があります。
(アメリカの大手IT企業の)マイクロソフトがアメリカ軍と結んだ契約に、従業員が抗議を表明しています。
この契約は、4億8,000万ドル(およそ500億円)で、マイクロソフトがアメリカ軍の訓練のために、AR=拡張現実と呼ばれる技術を活用したゴーグル型端末を納入するというものです。このゴーグルをつけると、周囲の(現実の)景色にCGの映像が重なってって見えます。
ところが金曜日(2月22日)、50人以上のマイクロソフトの従業員が、サティア・ナデラCEOあてに、「戦争行為や弾圧のための技術開発は拒否する」という抗議の書簡を送りました。
これは去年、グーグルが従業員の抗議を受けて、アメリカ国防総省との契約更新を断ったことに続くものです。グーグルの契約は、AI=人工知能を使った無人の兵器を開発するというものでした。
この日本語は学習用に英文ニュースを和訳したものであり、実際の放送された日本語のニュースと表現が異なる場合があります。
employee
in protest
contract
augmented reality
headset
goggles
overlay
computer graphics
warfare
oppression
decline
unmanned
ここでの日本語訳は、該当する英語ニュースでの使われ方をベースにしています。名詞[名]は「名詞句」を含みます。句動詞[句](Phrasal Verbs)とは、英語で「動詞+副詞」または「動詞+(副詞)+前置詞」によって構成されて特別な意味を生じ、まとまって1つの動詞のように機能する定型のフレーズのことです。