センテンスごとに学ぶ

センテンス 1
Pope Francis has been looking back on his visit to Japan, where he met survivors of the atomic bombings in Hiroshima and Nagasaki.
フランシスコ教皇が日本訪問について振り返っています。日本では、広島と長崎の原爆投下による被爆者たちと会いました。
解 説

popeは「ローマ教皇」です。日本では長らく「法王」という訳語を使ってきましたが、Pope Francis「フランシスコ教皇」の訪日に合わせて11月20日、「教皇」というカトリック教会の呼称に変えました。センテンス2には、popeの類語であるpontiffが出てきます。
look back on ...は「~を振り返る」という表現で、タイトルのreflectと同義です。
survivorは「生存者、生き残った人」です。ここでは原爆の被害を受けた「被爆者」を指します。
atomic bombingは「原爆投下」です。

センテンス 2
The pontiff says the use and possession of nuclear weapons is immoral, and the Catholic Church will state this in its teachings.
ローマ教皇は、核兵器の使用と保有は倫理に反しており、カトリック教会はその教えの中で、このことを明記すると述べています。
解 説

pontiffは「教皇」です。
possessionは「保有、所持」です。例えば、「銃の所持」ならpossession of guns、「薬物所持」ならpossession of drugsで表せます。
immoralは「倫理に反する」という意味です。反対に、moralと言えば「倫理的な」です。
teachingは「教えること」ですが、宗教などの「教え、教義」は多くの場合、teachings と複数形にします。

センテンス 3
"The experience in Hiroshima was very moving. I reiterated that the use of nuclear weapons is immoral."
「広島での体験は、とても心が動かされました。私は、核兵器の使用が倫理に反していることを改めて強調しました」
解 説

フランシスコ教皇の言葉を英訳したものです。フランシスコ教皇は歴代教皇としては初めての南米出身者で、出身国アルゼンチンの公用語であるスペイン語で会見を行いました。
movingは「心を動かされた」という形容詞です。
reiterateは「繰り返し述べる、改めて強調する」です。

センテンス 4
The pope made the remark during an in-flight news conference on his way back to the Vatican.
フランシスコ教皇は、バチカンに帰国する機中での会見で、このように感想を述べました。
解 説

make a remarkは「感想を述べる」という表現です。ここではthe remarkとなっていますので、センテンス3の発言を指しています。
in-flightは「機内の」という形容詞です。
on one's way back to ...は「~へ帰る途中で」です。

センテンス 5
He was the first sitting pontiff to visit Japan in nearly 40 years.
フランシスコ教皇は在位のローマ教皇として、およそ40年ぶりに訪日しました。
解 説

sittingは「現職の」という形容詞です。例えば、sitting presidentなら「現職大統領」となります。教皇は終身その地位にあるのが原則ですが、ベネディクト16世は2013年、高齢を理由に辞任し、フランシスコ教皇は2013年に第266代ローマ教皇となりました。
ローマ教皇が日本を訪れるのは、1981年のヨハネ・パウロ2世以来38年ぶりです。

センテンス 6
He repeatedly called for the abolition of nuclear weapons during the four-day tour.
フランシスコ教皇は4日間の訪問の間、核兵器の廃絶を繰り返し呼びかけました。
解 説

call for ...は「~を呼びかける」という意味です。
abolitionは「廃絶、廃止」です。
フランシスコ教皇は11月23日から26日までの4日間、日本に滞在しました。

センテンス 7
The pope mentioned his visit to Nagasaki. He said he was deeply touched by the history of Christian persecution.
フランシスコ教皇は、長崎の訪問について言及しました。キリスト教徒迫害の歴史に非常に心を動かされたと述べています。
解 説

mentionは「言及する」です。
be touched by ...は「~に心を動かされる」という表現です。
persecutionは「迫害」です。

センテンス 8
He also referred to nuclear power plants, saying he would not use nuclear energy until there is total security of use.
フランシスコ教皇は原子力発電所についても言及し、使用における完全な安全性が見られるまで原子力は利用しないと述べています。
解 説

refer to ...は「~に言及する」です。
nuclear power plantは「原子力発電所」のことです。
securityは「安全性」です。
フランシスコ教皇は、核兵器の廃絶に向けた考えを示す一方で、原子力発電所については核兵器と違うとしながらも、「個人的な意見だが完全に安全性が確認されるまでは原子力は利用しない」と述べ、利用していくには安全性を高めていく必要があると強調しました。