センテンスごとに学ぶ

センテンス 1
One of the most decorated sumo wrestlers of all time has officially become a Japanese citizen.
歴代で最も殊勲のあった相撲力士のひとりが、正式に日本国籍となりました。
解 説

decoratedは、動詞decorate「飾る」+-edから成る形容詞で、「装飾された、勲章を授けられた」という形容詞です。ここでは、大相撲の勝ち星や優勝などの輝かしい活躍を示しています。
officiallyは「正式に、公式に」という副詞です。
become a Japanese citizen「日本人になる」は、日本国籍を取得したということです。名前はしこ名と同じ「白鵬 翔」とすることが発表されています。

センテンス 2
It paves the way for Mongolian-born Hakuho to fulfill his goal of becoming a stable master when he retires.
このことは、モンゴル出身の白鵬が引退した場合に親方になるという目標を果たす道を開きます。
解 説

冒頭のitは、前の文の内容(日本国籍の取得)を指しています。
paveは「舗装する」という意味です。pave the wayは「道を固める、確かなものにする」ということから、ここでは「道を開く」という比喩的な表現になっています。文脈によって「地固めをする、地ならしをする」と訳されることもあります。
Mongolianは、Mongolia「モンゴル」から派生した単語で、名詞としては「モンゴル人、モンゴル語」、形容詞としては「モンゴルの」です。Mongolian-bornは「モンゴル生まれの」です。
fulfillは、何かを「実現する、果たす、遂行する」という意味です。名詞形は、fulfillment「実現、実行、成就」です。
stableは「小屋」で、ここでは「相撲部屋」として使われています。stable masterは、相撲の「親方」です。

センテンス 3
The 34-year-old yokozuna has won a record 42 grand sumo tournaments.
34歳の横綱・白鵬は、42回の場所で歴代最多の優勝をしました。
解 説

the 34-year-old yokozuna「その34歳の横綱」は、白鵬を指しています。
ここでのrecordは「記録的な、これまで最高の」という形容詞です。
grand sumo tournamentは、大相撲の場所のことです。
白鵬は15歳で宮城野部屋に入門し、平成13年の春場所で初土俵を踏んで以来、大相撲の記録を次々と塗り替えてきました。今年の名古屋場所までの現役生活18年で積み上げた勝ち星は1,132勝、優勝回数は42回を誇ります。

センテンス 4
Over the past few years, he has been saying that he wants to become a stable master after his fighting days so that he can mentor the next generation of sumo wrestlers.
ここ数年にわたり、白鵬は現役引退後に親方になり、次世代の力士を指導できるようにしたいと述べてきました。
解 説

heやhisは、横綱・白鵬を指しています。
ここでのafter his fighting days「戦いの日々のあと」は、力士として「現役を引退したあと」という意味です。
動詞mentorは「導く、指導する」です。名詞としては、「指導者、助言者」です。

センテンス 5
But rules dictate that he needs to become a Japanese citizen.
しかし、規定では日本国籍を取得する必要があると命じています。
解 説

rules「規定」は、ここでは日本相撲協会の規定を指しています。
dictateには「口述して書き取らせる」という意味もありますが、ここでは「命じる、指令する」です。

センテンス 6
Hakuho said his change in citizenship doesn't take away from his appreciation of his home country.
白鵬は、国籍を変えたことで母国への感謝が減ることはないと述べました。
解 説

citizenshipは「市民権、公民権、市民としての義務」ですが、ここでは国籍という意味で用いています。
ここでのtake away from ...は「~の価値を減らす、~を損なう」という表現です。
appreciationは、appreciate「感謝する」の名詞形で、「感謝」です。

センテンス 7
"I love Mongolia. That's why I can love Japan all the more."
「モンゴルを愛しています。だからこそ一層、日本を愛することができるのです」
解 説

白鵬の言葉を英訳したものです。
that's why ...は「それが~の理由である」と、前文を理由として述べるときに使われます。
all the moreは「なおさら、一層」という表現です。

センテンス 8
Hakuho says he plans to keep competing until at least the 2020 Games. He'll take to the ring next week at the autumn tournament in Tokyo.
白鵬は、少なくとも2020年のオリンピック・パラリンピック大会までは現役を続ける計画だと話しています。白鵬は来週、東京の秋場所で土俵に上がります。
解 説

competeは「競争する」です。ここでのkeep competing「競争を続ける」は、現役力士を続けることを指しています。
at leastは「少なくとも」という表現です。
the 2020 Games「2020年の大会」は、2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会を指しています。
take to ...には「~に行く、赴く」という意味があり、take to the ringは土俵に上がることを表しています。