センテンスごとに学ぶ

センテンス 1
We turn now to northeastern Japan, where workers are making headway in decommissioning the Fukushima Daiichi nuclear power plant.
では、日本の東北のニュースに移ります。日本の東北では、福島第一原子力発電所の廃炉に向けての作業が前進しています。
解 説

冒頭のwe turn to …は、キャスターが次のニュースを取り上げるときの決まり文句で、「では~を見てみましょう、次に~に行きましょう」という意味です。
make headwayは「前進する」という熟語です。
decommissionは「(原子炉などを)廃棄する」という動詞で、ここでは「廃炉にする」です。
nuclear power plantは「原子力発電所」です。

センテンス 2
For the first time since the 2011 nuclear accident, fuel is being removed from one of three reactor buildings where meltdowns happened.
2011年の原発事故以来初めて、炉心溶融が起こった3つの原子炉建屋の1つから核燃料が取り出されています。
解 説

for the first timeは「初めて」です。
fuelは「燃料」ですが、ここでは「核燃料」のことです。
remove from ...は「~から取り去る、移す」です。
reactor buildingは「原子炉建屋」のことです。
meltdownは「(原子炉の)炉心溶融」で、「メルトダウン」としても知られます。
福島第一原発では、6つの原子炉のうち、1号機から3号機までの3基で核燃料が溶け落ちる「メルトダウン」が起き、1号機と3号機、それに4号機で建屋が水素爆発しました。

センテンス 3
Tokyo Electric Power Company is using remote control machinery to slowly remove the fuel.
東京電力では、遠隔操作の機器を使って核燃料をゆっくりと取り出しています。
解 説

Tokyo Electric Power Companyは「東京電力」で、TEPCOと略されます。
remote control machineryは「遠隔操作の機器」です。
プールには水素爆発の影響で落ちたがれきがあることから、核燃料が引っかからないよう、slowly「ゆっくりと」作業が行われました。

センテンス 4
The highly radioactive material is located in the storage pool of the plant's No. 3 reactor building.
高濃度の放射線を出す物質が原子力発電所3号機の貯蔵プールに残っています。
解 説

the highly radioactive materialは「高濃度の放射線を出す物質」で、使用済み核燃料のことを指しています。
be located in ...は「~にある」です。

センテンス 5
That's separate from the molten fuel in the reactor itself.
それは原子炉自体の溶け落ちた燃料とは別のものです。
解 説

separate from ...は「~とは別のもの、~とは違うもの」という意味です。
the molten fuel「溶け落ちた燃料」は、いわゆる「核燃料デブリ」のことで、溶融した燃料などが冷えて固まったものです。
福島第一原発3号機には、事故で溶け落ちた燃料デブリのほかにも、使用済み核燃料が514体、未使用の燃料が52体、残っています。

センテンス 6
It's been sitting there since the massive earthquake and tsunami triggered the nuclear disaster.
これは巨大地震と津波が原子力災害を引き起こして以来、ずっとそこにあるものです。
解 説

ここでのsitは「ある、存在する」という意味です。
the massive earthquake and tsunamiは「巨大地震と津波」です。
triggerは「引き金を引く」という意味ですが、そこから「引き起こす、もたらす」という意味でも使います。

センテンス 7
The fuel will be placed in a container, and then transferred to another pool at the plant.
この核燃料は容器に入れられ、その後、発電所内にある別のプールに移される予定です。
解 説

be placed in ...は、ここでは「~に入れられる」という意味です。
containerは「容器」です。
anotherは「もう1つの、別の」です。

センテンス 8
"Safety is our top priority while checking the conditions on-site. We're in no rush to finish the work."
「安全を第一に現場の状況を確かめながら進めていきます。焦ることなく、(廃炉)作業を進めていきます」
解 説

東京電力福島第一原子力発電所の磯貝智彦所長の「安全を第一に現場状況を確かめながら、焦ることなく廃炉作業を進めていく」という言葉を英訳したものです。
top priorityは「最優先」です。
on-siteは「現場で、現地で」で、the conditions on-siteは「現場の状況」という意味です。
be in no rushは「急いでいない、焦っていない」という表現です。

センテンス 9
The operation is more than four years behind schedule.
この作業は、予定より4年以上遅れています。
解 説

more than four yearsのmore thanは、厳密に解釈すると4年を超えた年月になり、4は含まれないことになりますが、大まかに「~以上」という意味でmore thanが用いられる場合もあります。
behind scheduleは「予定よりも遅れて」という表現です。