ページの本文へ

かながわ情報羅針盤

  1. 首都圏ナビ
  2. かながわ情報羅針盤
  3. 建設業の魅力を若者に! 業界団体が横須賀の高校で実践的な授業

建設業の魅力を若者に! 業界団体が横須賀の高校で実践的な授業

  • 2024年5月21日

深刻な人手不足が課題となっている建設業界。
神奈川県横須賀市では、中小の建設会社の団体が地元の高校で1年間、実践的な授業を行う全国でも珍しい取り組みを進めています。
若い人たちの関心を高めて、建設業の未来につなげることができるのでしょうか。

教壇に立つ経営者たち

横須賀市の病院建設現場

ことし4月、横須賀市にある大規模な病院の建設現場を地元の工業高校の生徒たちが見学に訪れました。現場で働く職人たちはおよそ500人。
生徒たちは責任者から説明を受けながら、配管や壁の設置工事の様子を見て回りました。

見学する生徒たち
建設業協会のメンバー

生徒たちの様子を見守るのは、横須賀市や三浦市などの建設会社でつくる横須賀建設業協会のメンバーたち。
地元の高校で行う授業の一環として、この見学会を企画しました。
巨大な建造物を多くの職人の手で作り上げる醍醐味を知ってもらうのが目的です。

生徒

現場の緊張感というのか、職人さんたちの雰囲気を感じられて、すごいよかったなって思いました。

生徒
 

建物がけっこうできていて本当にすごかったです。

横須賀建設業協会 理事 下里晃雄さん

横須賀建設業協会 理事 下里晃雄さん
現場を見るというのはやっぱり楽しいことでもあって目新しいことだと思いますので建設業に
興味を持ってもらうには大事なことだと思ってます。

神奈川県立横須賀工業高校

この授業が行われているのは、神奈川県立横須賀工業高校です。
横須賀建設業協会も要望して、おととし、建設科が新設されました。
協会に加入する会社の経営者たちは、建設科の2年生30人余りの先生役を務めます。
年間の実習の半分以上にあたる120コマを受け持つ形で去年から始めました。

今年度、最初の授業では建設業協会のメンバーと生徒たちが交流を深めました。
生徒たちは必ずしも建設業界を目指すと決めているわけではありません。
メンバーは仕事の意義や働きやすさについて熱意を込めてアピールします。

建設業協会のメンバーたちの言葉
●災害復旧では自衛隊や警察が大きく前面に出ているけど、その裏ではうちらみたいな業者が道路を開いたり土をどかしたりと全部やっている。
●女性も働きやすくなっている。
●残業もそんなにない会社が多い。

生徒

“3K”(きつい・汚い・危険)とかそういうイメージがあるじゃないですか。ちょっと怖いなっていうイメージもあったんですけど、全然そういうことはなかったので話しやすかったです。

背景には危機感

この取り組みの背景には業界としての将来への危機感があります。

授業を中心になって進めている横須賀建設業協会の理事の下里晃雄さん。
会社によって程度に差はありますが、建設業界は社員の高齢化が進み、若い人材がなかなか入ってこない現状があるといいます。

下里晃雄さん

下里さん
「どの業界も人手不足という部分がありますので年齢が上がっていけば人も減っていきますし、 入れ替わりもないというのは危機感でしかないですよね」

若い人が建設業を目指すきっかけをつくりたい。
年間の授業カリキュラムは協会の仲間たちと一緒に考え、体験を重視した内容にしています。

建設業協会でつくった授業カリキュラム

下里さん
建設業のプロたちが、ふだんの授業とは違う現場に沿った内容のものを伝えていって、建設業に興味を持ってもらえればという狙いがあります。

建設業の魅力を若者に

実習授業

生徒たちにその思いは届くのか。
この日、行われたのは、本格的な実習授業です。
学校の花壇を整備し直すため、実際の工事現場さながらに地面のアスファルトなどを壊していきます。
建設会社が電動工具などを用意しました。
生徒全員が作業をしっかり体験できるように、10人以上の協会のメンバーが参加して、つきっきりでサポートしていました。

はじめはおそるおそるだった生徒たちも、徐々に自分たちで声をかけあって作業するようになっていきました。
建設業のプロから教わることで、仕事の魅力を感じているようでした。

生徒

自分でもちょっとできるようになったので、先生の教え方がうまかったです。

生徒

今はまだ力仕事なんですけど、やっぱりコンピューターとか、そういうものもやってみたいと思っています。
(地元の建設業界に興味が増した?)
増しました。ちょっとだけ、増しました。

生徒たちの表情を見て下里さんも手ごたえを感じていました。

下里晃雄さん

下里さん
現場に来たら生徒が生き生きしてるというか、興味があるんだなというのはすごく感じました。この業界に本当に入ってきてもらえればという、その思いはありますので、熱く魅力を語っていきたいと思っています。

  • 岩本直樹

    NHK横浜局

    岩本直樹

    経済・防災などを取材

ページトップに戻る