ページの本文へ

かながわ情報羅針盤

  1. 首都圏ナビ
  2. かながわ情報羅針盤
  3. 絶景!赤色に染まる大山

絶景!赤色に染まる大山

  • 2023年11月29日

 

 

夕方のニュース番組「首都圏ネットワーク」でシリーズでお伝えしている季節の映像。
11月は「紅葉・錦秋(きんしゅう)」をテーマに関東・甲信越のカメラマンが地域の美しい紅葉を撮影しています。
神奈川県下でも紅葉の名所として名高い伊勢原市大山に撮影に行きました。

 

緩やかな階段が続くこま参道を進む

この時期、大山は阿夫利神社下社、大山寺と紅葉が見ごろを迎えていて、11月の18日から26日まで日没とともにライトアップされ、昼間とはまた違う幻想的な紅葉を楽しむことができました。

総勢2名で機材を背負い、こま参道を進みます。
ケーブルカー駅まで15分。ひたすら歩きます。
紅葉の季節の大山は一年で最も多くの人が訪れると聞いてはいたものの、予想をはるかに超える人出に、なかなか進めない場面も。

ケーブルカーに乗るのも行列

今回は昼間の陽光に照らし出された鮮やかな紅葉と、日没後のライトアップされた紅葉を撮影するのが目的です。しかし、混雑をくぐり抜け、ようやく大山寺駅に到着したのが15時を過ぎたころ、日が陰りつつありました。

大山寺の紅葉

大山寺の紅葉は例年になく赤色が濃く出ているといいます。
写真撮影や参拝している人たちを紅葉とともに撮影後、日のあるうちに阿夫利神社下社へ向かいます。
阿夫利神社下社は色づいた木々の向こうに相模平野と相模湾を望むことができます。
多くの人が日没を境内で待っていました。

カメラをセットして日没を待つ

紅葉取材班(私)も昼間撮影したポジションでカメラを構えて、日が沈むのを待ちました。
昼間の映像と夜の映像を重ねるためです。
境内でライトアップが始まると、夜景と紅葉を写真におさめようとたくさんの人がカメラを構えていました。

街の夜景とライトアップされた紅葉

そのあと、再び大山寺の参道に戻り、闇夜にライトアップされ赤く映えるモミジのトンネルを撮影しました。石灯の淡い光と真っ赤に照らし出されたもみじの葉。
毎年、多くの人が訪れるのもうなずけます。

大山の紅葉のライトアップは11月26日で終わりましたが、伊勢原市観光協会によりますと、大山の紅葉は12月上旬まで見ごろということです。

天気の良い昼間に「大山詣り」に訪れてみてはどうでしょうか。
防寒対策を忘れずに、しっかりした靴でお出かけください。

この日撮影した映像は11月30日の首都圏ネットワークで放送されます。
見逃した場合はNHK+ またはNHK横浜局のHPからご覧ください。

ページトップに戻る