ページの本文へ

かながわ情報羅針盤

  1. 首都圏ナビ
  2. かながわ情報羅針盤
  3. 川崎市の学校給食で豚肉産地偽装 海外産を国産に 相模原の業者

川崎市の学校給食で豚肉産地偽装 海外産を国産に 相模原の業者

  • 2023年10月31日

川崎市立の小中学校に使われる豚肉を提供していた、神奈川県内の食品加工会社が、国産より安い外国産の豚肉を国産と偽って混入させていたことが分かりました。会社は10年前から偽装を続けていたと説明していて、市は警察にも相談して、状況を詳しく調べています。

※11月12日追記

外国産豚肉が「国産」に混入

川崎市教育委員会によりますと、市教委が9月11日、学校給食の定期検査で、相模原市の食品加工会社「寿食品」が加工し、都内の業者を通じて納入した食材の豚肉を調べたところ、外国産の可能性が高いことがわかりました。

寿食品

安全性に問題なし

検査した9月11日の給食/写真提供:川崎市教育委員会事務局

市教委によりますと、検査した日、偽装があった豚肉の納入先は市内の小学校80校と、中学校33校でした。
今月から別の会社が提供する豚肉に変更しているほか、混入された外国産の豚肉は一般に流通する品と一緒で安全性には問題ないとしています。

利益確保に 10年以上前から混入

川崎市教育委員会が発表した発覚までの詳しい経緯です。

9月11日 検査機関が小学校の給食食材のうち、豚肉、鶏肉、大豆それぞれ2検体を採取。
10月16日 豚肉の2検体が外国産と判別される。翌日、寿食品の豚肉納入を当面停止に
10月20日 寿食品が川崎市教委と川崎市学校給食会の聞き取りに対し、外国産を混入していたことを認める。


市教委の聞き取りに対し、会社側は当初「千葉県産」だとする証明書を出しましたが、検査の結果が出たあとは偽装を認め、「利益を確保するため安い外国産の豚肉を混ぜた。10年以上前から続けていた」 という趣旨の説明をしたということです。

納入に使われた箱・国内産と記載/写真提供:川崎市教育委員会事務局

納入業者「裏切り行為だ」

寿食品から豚肉を仕入れて、川崎市内の小学校や給食センターに納入していたのは、都内の食品納入業者「黒光商事」です。
「黒光商事」によりますと、寿食品とは長年取引があり、10年以上前から豚肉を川崎市の給食用に納品しているということです。
産地偽装が指摘された豚肉は、川崎市にしか納品していませんが、ハムやソーセージなどをほかの自治体の給食用に納品していたということで、10月20日からは寿食品のすべての食材の取り扱いをやめているということです。

黒光商事 仕入れ責任者
子どもが食べる食材を扱う会社なので信用が一番だ。寿食品からは毎月産地証明を出してもらっていたのに、産地偽装があったことは裏切り行為だ。被害届を警察に提出したい。

全小中学校給食に混入の可能性

市教委では食材の調達を依頼する川崎市学校給食会のホームページで、豚肉を含む主要食材は国産として産地を公表していました。
川崎市内には市立の小中学校などがあわせて170あり、市は10年以上前から産地偽装を続けていた場合、すべての小中学校に豚肉が提供された可能性があるとして、詳しい状況を調べています。
また神奈川県警も市から相談を受け捜査を進めています。

川崎市教育委員会
児童生徒、保護者に不安な思いをさせた。学校給食の信頼を裏切る行為で本当に遺憾だ

警察が本社などを捜索

本社の捜索

警察は11月1日、不正競争防止法違反の疑いで、寿食品の相模原市中央区にある本社や、厚木市にある食品加工工場などを捜索しました。
押収した資料を分析するなどして、実態やいきさつを詳しく調べる方針です。

横浜・相模原でも外国産混入

横浜市教育委員会によりますと、今回産地偽装が明らかになった寿食品は、横浜市内の中学校でも豚肉を提供した実績があります。
横浜市の教育委員会は寿食品から、「産地を偽った豚肉を納入していた」という連絡があったと発表しました。
市教委は「豚肉は一般に流通している輸入品と同じもので、安全性に問題がない」としています。

また、相模原市教育委員会によりますと、寿食品はことし9月から先月にかけて、市内のあわせて18の小中学校に、およそ500キロの豚肉を国産として納入していました。
市が聞き取りを行ったところ、外国産の豚肉を混入させていたことを認めたということです。

4つの市でも納入

神奈川県教育委員会によりますと、寿食品は、海老名市、厚木市、大和市、座間市の4つの市にも、食材を提供していたということです。
県教育委員会は、警察からの要請を受けて、4市の教育委員会に対し、提供された食材をそのまま保存しておくよう依頼したということです。

  • 佐藤美月

    横浜放送局 記者

    佐藤美月

    川崎市政を担当

ページトップに戻る