ページの本文へ

かながわ情報羅針盤

  1. 首都圏ナビ
  2. かながわ情報羅針盤
  3. プロ野球ドラフト会議 神奈川の指名選手は

プロ野球ドラフト会議 神奈川の指名選手は

  • 2023年10月26日

プロ野球のドラフト会議が、10月26日に行われました。神奈川県内に本部がある高校や大学から指名された選手、横浜DeNAベイスターズの指名選手をお伝えします。
※支配下指名についてお伝えします。

DeNA1位はENEOS度会選手

横浜DeNAベイスターズは、ENEOSの度会隆輝選手を1位で指名しました。中日とロッテとの競合となり、抽選の結果交渉権を獲得しました。

度会隆輝選手
巧みなバットコントロールと長打力を持ち合わせた、右投げ左打ちの外野手。
千葉県出身で、横浜高校では早くからレギュラーに定着。
卒業後は社会人野球のENEOSに進む。
ENEOSでは、セカンドから外野手にコンバートし、去年の都市対抗野球では、▼打率4割2分9厘、▼ホームラン4本の成績を残し、野手で大会史上初となる▽MVP=最優秀選手にあたる「橋戸賞」などを受賞した。

度会隆輝選手
めちゃくちゃうれしくて、ほっとしたというか、うれしすぎて気づいたら涙と鼻水が出ていた。3年前にプロ志望届を出して指名漏れをして、3年間やってきて最高の結果になった。とても幸せです。

プロ野球・ヤクルトでプレーした父親の博文さんについて
小さい頃から野球を教えてもらい、ここからが恩返しできるチャンスだ。父に『おれを超えたね』と言ってもらえるようにしたい。超えたときが初めての親孝行なのかなと思う。

DeNAの印象について
小さい頃から大好きなチームで、応援もかっこよくファンも温かい人が多い。先日練習試合をしたときも、チームの雰囲気が明るくて楽しくていいチームだった。少しでも貢献できるよう全力で頑張りたい。
バッティングが一番のセールスポイントで、大事なところでチームを勝たせるヒットやホームランが 打てるところが長所だ。チームを勝たせる、優勝に貢献する活躍をできたらいいなと思う。見てる人を笑顔にできるように頑張りたい。 

2位には名城大の松本凌人投手を指名しました。

松本凌人投手
身長1メートル83センチ、体重89キロ。右投げ。最速153キロのストレートに加え、スプリットやカットボールなどを駆使してサイドスローながら力強いボールで押すピッチングが持ち味。

3位は山形中央高の武田陸玖投手を指名しました。

武田陸玖投手
150キロに迫る力強いストレートを軸にしたピッチングに加え、ミート力のあるバッティングも持ち味で、投打の「二刀流」として注目されている。左投げ左打ち。

4位は東洋大の石上泰輝選手を指名しました。 

5位は中央大の石田裕太郎投手を指名しました。

6位は徳島インディゴソックスの井上絢登選手を指名しました。

神奈川の高校・大学の選手は

桐蔭横浜大の古謝樹投手は、楽天が3回目の1位で指名し交渉権を獲得しました。

古謝樹投手
最速153キロのキレのあるストレートを武器とする左ピッチャー。
神奈川県出身で湘南学院高校を経て桐蔭横浜大に進学。
2年生のとき、神奈川大学野球の春のリーグ戦から頭角を現す。
去年の秋のリーグ戦では7試合に登板して▼5勝1敗、▼防御率2.37の成績をマークして、最優秀投手賞を獲得。
ことし春のリーグ戦では、6試合に登板して▽5勝負けなし、▽防御率1.82と抜群の安定感をみせてリーグのMVP=最優秀選手を受賞。

古謝樹投手

古謝樹投手
1人目で指名されることができて、自分としてもやっぱり評価されているんだなと実感した。驚きとうれしさの両方があった。

楽天の今江敏晃監督について
プロ目線で自分が投げたときの癖や、まだまだ成長できるところなど、今江監督にしかわからない部分があると思うので、そういうところを積極的に聞いていきたい。
1年目から任された場面で腕を振って結果を出せるように頑張りたい。
1年でも長くけがのない現役生活を送りたいと思うし、ファンの皆さんや子どもに夢が与えられる選手になりたい。

胴上げされる古謝投手

横浜高校の杉山遙希投手は、西武が3位で指名しました。

ページトップに戻る