ページの本文へ

かながわ情報羅針盤

  1. 首都圏ナビ
  2. かながわ情報羅針盤
  3. 神奈川県内 「脱炭素」の買い物でポイント上乗せ 【詳しく】

神奈川県内 「脱炭素」の買い物でポイント上乗せ 【詳しく】

  • 2023年10月10日

神奈川県内の店舗で、県産の農産物を買ったり、詰め替え商品を買ったりした場合に、ポイントが上乗せされる「かながわCO2CO2ポイント+(こつこつぽいんとぷらす)」が11月から始まることになりました。
対象の店舗や商品、上乗せ率などをまとめました。

脱炭素貢献でポイントを上乗せ

「かながわCO2CO2ポイント+」は脱炭素に貢献する買い物に対し、店のポイントに加えて、さらにポイントを上乗せするキャンペーンです。
県産の農産物が対象になっているのは、輸送時の燃料消費が少ないという理由です。
対象は6つの事業者で、それぞれに対象商品と上乗せ率が決められています。
※対象商品は一部のものを除きます※

▼株式会社京急ストア
【実施店舗】県内2店舗
【対象商品等】県産農産物や地元契約農家の農産物
【ポイント上乗せ】1商品あたり50ポイント

▼株式会社スタイリングライフ・ホールディングス プラザスタイル カンパニー
【実施店舗】PLAZA 県内13店舗
【対象商品等】ステンレスボトル(マイボトル)/エコバッグ/メイクアップリフィル等の詰め替え商品/環境配慮型容器包装の商品
【ポイント上乗せ】1商品あたり100円(税抜き)ごとに4ポイント

▼生活協同組合 パルシステム神奈川
【実施店舗】宅配事業
【対象商品等】県産農産物や加工品
【ポイント上乗せ】1商品あたり50ポイント~100ポイント

▼生活クラブ 生活協同組合・神奈川
【実施店舗】デポー 県内22店舗
【対象商品等】リユースびん商品/量り売りの液体石けん(ちがさき店・つなしま店のみ)
【ポイント上乗せ】1商品あたり200円(税抜き)ごとに4ポイント

▼株式会社そごう・西武
【実施店舗】そごう横浜店
【対象商品等】県産農産物や加工品(「かながわ屋」取扱商品)/使用済み化粧品容器を持参して化粧品を購入(11月27日~12月17日)
【ポイント上乗せ】
農産物:1商品あたり1%
容器持参:1商品あたり2%

▼株式会社ファンケル
【実施店舗】県内15店舗
【対象商品等】ファンケルリサイクルプログラムへの参加(使用済み化粧品容器の持参)/化粧品の詰め替え商品
【ポイント上乗せ】
容器持参:1商品あたり27ポイント
詰め替え商品:1商品あたり30ポイント

11月から来年1月にかけて実施

神奈川県庁

「かながわCO2CO2ポイント+」は11月1日から2024年1月31日まで実施予定です。
県が用意したポイントの原資は1500万円ですが、上限に達したあとも期間中は事業者の負担でキャンペーンを続けるということです。

脱炭素の「自分事化」を

神奈川県の黒岩知事は記者会見で、ライフスタイルの転換を進めるきっかけになってほしいと話しました。

黒岩知事
国民の大部分が『脱炭素』の重要性自体は認知していると思うが、『そのために何をしたらいいのか』ということはなかなかわからないという人が多く、具体的な行動に結びついていないという課題がある。今回のキャンペーンで日頃の消費行動において、脱炭素につながる商品やサービスを利用してもらうことで、脱炭素の『自分事化』と、ライフスタイルの転換につなげていってもらいたい。

  • 関口裕也

    横浜放送局 記者

    関口裕也

    2010年入局。福島局、横浜局、政治部を経て、2022年8月から再び横浜局。横浜市政や神奈川県政を取材。

ページトップに戻る