ページの本文へ

かながわ情報羅針盤

  1. 首都圏ナビ
  2. かながわ情報羅針盤
  3. 夏本番!! 神奈川県内の全海水浴場・海開きまとめ

夏本番!! 神奈川県内の全海水浴場・海開きまとめ

  • 2023年7月6日

いよいよ本格的な海水浴シーズンの幕開けとなります。
この夏、神奈川県では13市町で全22か所の海水浴場が開設される予定です。
県が定める「海水浴場ルールに関するガイドライン」からは、去年まで明記されていたマスクの着用や身体的距離の確保といった、新型コロナの対策に関する記述が削除されました。
県内の海水浴場の動向を紹介します。

藤沢市の海水浴場は

片瀬西浜・鵠沼海水浴場

湘南のビーチとして知られ、例年100万人以上の来場者が訪れる藤沢市の海水浴場。
今年は7月1日から片瀬東浜海水浴場と片瀬西浜・鵠沼海水浴場が、7月15日から辻堂海水浴場が開設されます。

2020年は神奈川県内のすべての海水浴場が開かれず、翌2021年の藤沢市の海水浴場の来場者数は例年から100万人ほど少ない、57万人まで落ち込みました。

片瀬東浜海水浴場

海の家の料金を統一

藤沢市夏期海岸対策協議会では、去年設けた「新型コロナの感染状況に応じて海水浴場を閉鎖する」といった、独自の休場基準を廃止しました。

一方で、海の家で飲み物の回し飲みを禁止する新たなルールを追加しました。
また海の家では物価高騰を受けておよそ30年ぶりに利用料金を改定。
すべての海の家で大人が2000円、中高生が1500円、小人が1000円の料金に統一したということです。

江の島海水浴場協同組合・栗原義忠理事長
4年ぶりの規制のない夏。思い切り声を出して、マスクや消毒を気にせずに海水浴を楽しんでもらいたいです。

鎌倉市の海水浴場は

由比ガ浜海水浴場

鎌倉市では7月1日から材木座、由比ガ浜、腰越の3か所の海水浴場が海開きとなりました。

ソフトボードエリアを新設

今年はソフトサーフボードやソフトニッパーボード、フィン付きボディボードを使用できる「ソフトボードエリア」が設けられることになりました。
県の条例では海水浴場の遊泳区域内でのサーフボードなどの使用が禁止されているため、市の条例を改正して新たなルールを設けたもので、県内では初めての事例だということです。

大和市から来た50代男性
「由比ヶ浜は遠浅で穏やかなビーチなので子どもとも来やすいうえ、海水浴場の開かれる夏にサーフィンができるのはとてもうれしいです。エリアも分かれて安全ですし、ソフトボードで十分、楽しみました。

ソフトボードエリア

市では2020年と2021年の2年間、新型コロナの影響で海水浴場の開設を見送りました。
海水浴場のない夏の期間にサーフィンなどを楽しんだ市民らから、継続してマリンスポーツを楽しみたいという声が寄せられたことが「ソフトボードエリア」の新設につながりました。

鎌倉市観光課 森啓匡課長
海の楽しみ方が多様化する中、ソフトボードエリアが子どもたちが鎌倉の海に親しみ、海を好きになってもらえるきっかけになることを期待しています。安全を第一に運用し、今後のあり方を考えていきたいです。

10年前は100万人を超える海水浴客が訪れていましたが、その数は年々減少し、昨年は新型コロナの影響もありおよそ28万人の来場者数となりました。
市では2015年に砂浜での飲酒やスピーカーの使用を禁止する条例に改正したほか、海上遊具や子ども用のライフジャケットを貸し出す「キッズ&ファミリービーチ」のエリアをつくるなど、家族連れが楽しめるビーチを目指しています。

三浦市の海水浴場は

2019年の三浦海岸海水浴場 画像提供:三浦市

三浦市では6月30日に和田海水浴場が開設され、逗子市と並んで県内で最も早い海開きとなりました。
7月8日から三浦海岸海水浴場が、7月14日から荒井浜海水浴場が開かれる予定です。
今夏に開設される22か所の海水浴場の中で、三浦海岸は唯一、去年開設しなかった海水浴場です。コロナ禍前には35万人の来場者が訪れ、5件の海の家が営業していたといいますが、現在は2件が海開きに向けて開設の準備を進めています。
2年ぶりとなる開設に、三浦海岸海水浴場組合の吉田勝組合長は「コロナ前だと天気の良い日には人出のある海水浴場でした。ことしこそはたくさんのお客さんが来てくれる夏になってほしいです」と期待を寄せていました。

県内各地の海開きは

▼横浜市
●海の公園 7月8日~8月31日

▼横須賀市 
●長浜 7月1日~8月31日

▼三浦市
●三浦海岸 7月8日~8月31日
●和田 6月30日~9月3日
●荒井浜 7月14日~8月31日

▼葉山町
●長者ヶ崎・大浜 7月1日~8月31日
●一色 7月1日~8月31日
●森戸 7月1日~8月31日

▼逗子市
●逗子 6月30日~9月3日

▼鎌倉市
●材木座 7月1日~8月31日
●由比ガ浜 7月1日~8月31日
●腰越 7月1日~8月31日

▼藤沢市
●片瀬東浜 7月1日~9月3日
●片瀬西浜・鵠沼 7月1日~9月3日
●辻堂 7月15日~8月31日

▼茅ヶ崎市
●サザンビーチちがさき 7月1日~8月31日

▼平塚市
●湘南ベルマーレひらつかビーチパーク 7月15日~8月31日

▼大磯町
●大磯 7月9日~8月27日

▼小田原市
●御幸の浜 7月15日~8月20日
●江之浦 7月15日~8月20日

▼真鶴町
●岩 7月20日~8月27日

▼湯河原町
●湯河原 7月15日~8月31日

  • 中村早紀

    鎌倉支局 通報員

    中村早紀

    2015年、湘南エリアのニュースや話題を担当する通報員になる。ケーブルテレビや雑誌なども合わせると鎌倉の取材歴は約17年。「カメラを手に取材に駆け回っています。気軽に声をかけてください」

ページトップに戻る