ページの本文へ

かながわ情報羅針盤

  1. 首都圏ナビ
  2. かながわ情報羅針盤
  3. 台風7号 神奈川県への影響は

台風7号 神奈川県への影響は

  • 2023年8月12日

台風7号による大雨で、神奈川県内では西部の山地を中心に地盤がゆるんでいるところがあります。
15日夜遅くまで土砂災害に十分注意して下さい。

(※15日18時の情報に更新)

台風7号の現在地は

台風7号 15日18時

気象庁によりますと、台風7号は午後6時には、兵庫県豊岡市付近を1時間に15キロの速さで北北西へ進んでいるとみられます。
中心の気圧は985ヘクトパスカル、最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートルです。

今後の進路は?

台風はこのあとも北上し、16日には日本海を北上する見通しです。

引き続き土砂災害に警戒を

横浜地方気象台によりますと、これまでの大雨により西部の山地を中心に地盤が緩んでいるところがあります。
15日夜遅くにかけて土砂災害に十分注意してください。
また、15日夜遅くまで局地的に強い雨や激しい雨が降るため、低い土地の浸水や川の増水に注意が必要です。

予想される雨量は

降り始め(13日2時)から15日午後5時までの雨の量は
▼箱根 190ミリ
▼山北町丹沢湖 151.5ミリ
▼相模原市相模湖 125ミリ
となっています。

15日の1時間あたりの雨の量は、いずれも多いところで
▼東部で20ミリ、
▼西部で30ミリと予想されています。

予想雨量(いずれも多いところ)
【15日18時~16日18時】
▼東部 50ミリ
▼西部 90ミリ

高波にも十分注意を

三浦半島の東京湾側では16日の明け方にかけて、相模湾では15日夜のはじめ頃まで、うねりを伴った高波に十分注意してください。

台風の最新の進路などはこちらのサイトからもご覧になれます。

東海道新幹線15日に計画運休

JR東海によりますと、東海道新幹線は15日は終日、名古屋駅と新大阪駅の間で運転を取りやめます。
また、東京駅と名古屋駅の間では大幅に本数を減らした臨時ダイヤでの運転とします。

▼のぞみ:おおむね1時間あたり4本程度
▼ひかり:終日運転取りやめ
▼こだま:東京駅と名古屋駅の間、東京駅と浜松駅の間で、それぞれ1時間に1本程度

また、グリーン車を除くすべての席を自由席とし、山陽新幹線との直通運転は終日取りやめます。
16日については今のところ計画運休は行わないものの、天候の変化によっては急きょ、運転見合わせなどが発生する可能性があるため、今後の運行情報に注意してほしいとしています。

箱根の観光客は

箱根の玄関口、箱根湯本の商店街では、時折小雨が降る天気の中、多くの観光客が行き交っていました(8月14日取材)。

東京から来た30代男性
彫刻がある屋外の施設で子どもを遊ばせようと思っていましたが、雨が強くなるかもしれなかったので室内の施設に変更しました。

県内の50代女性
芦ノ湖を観光したかったですが、土砂降りだったので諦めて、箱根湯本に降りてきました。もっと風がひどいのかと予想していました。

埼玉県の30代の女性
きょうも雨だと思っていましたが、天気がもってくれたので無事に帰れそうです。コロナ禍で今まで旅行に行けなかった分、天気が悪くても楽しむことができました。

とろろ昆布を販売する男性
お客さんはいるけれど、台風を心配して早く帰ろうと焦っているので、歩く速度が速いです。連休に入ってからきのうまでは去年の140%の売り上げがありましたが、きょうになって落ち込んでしまいました。かき入れ時なので、いい接客を心がけて頑張らないといけないですね。

ページトップに戻る