シュトボー
  1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. シュトボー
  4. 梅雨入りの関東甲信 9日かけ大雨のおそれ 予想雨量や台風3号は

梅雨入りの関東甲信 9日かけ大雨のおそれ 予想雨量や台風3号は

  • 2023年6月8日

【更新 9日午前8時】関東甲信は9日昼ころにかけて局地的に激しい雨が降るおそれがあります。先週末の記録的な大雨で被害を受けた地域では、ふだんより少ない雨量でも土砂災害の危険度が高まりやすくなっているため警戒が必要です。雨の予想や注意点、さらに台風3号の情報などをまとめました。

梅雨前線の影響 広い範囲で雨

気象庁によりますと、梅雨前線の活動が活発になっている影響で、東日本と北日本の広い範囲で雨が降っています。明け方からは東海や関東甲信などで局地的に雨雲が発達し、午前7時半までの1時間は神奈川県の箱根町で23.5ミリの強い雨が降りました。

これまでの雨で静岡県では土砂災害の危険性が非常に高まり「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があります。

昼頃にかけて局地的に非常に激しい雨も

このあと、前線上の低気圧が関東甲信に近づく見込みで、9日の昼ごろにかけて、局地的に雷を伴って非常に激しい雨が降り大雨となるおそれがあります。

10日の朝までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、伊豆諸島で80ミリ、関東南部で70ミリ、関東北部と甲信で60ミリと予想されています。

ふだんより少ない雨量でも土砂災害の危険度が

先週末の記録的な大雨で被害を受けた地域でも再び雨が強まる見込みで、ふだんより少ない雨量でも土砂災害の危険度が高まりやすくなるおそれがあります。

気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に警戒するとともに、落雷や竜巻などの激しい突風にも十分注意するよう呼びかけています。

最新の気象情報や自治体からの避難の情報を確認するようにしてください。

強い台風3号11日にも大東島地方へ影響か

一方、強い台風3号は暴風域を伴いながらフィリピンの東の海上を北寄りに進んでいます。このあと、発達しながら北寄りに進む見込みで11日にも沖縄県の大東島地方などへの影響が出るおそれがあり、気象庁は今後の進路などの情報に注意するよう呼びかけています。

街の水害 3つのポイント

大雨の注意点です。舗装された道路やコンクリートのビルが集まる都市は、大雨が降ると排水が追いつかなくなり「内水氾濫」が発生します。気象情報などを見て早めに危険を察知し、安全な場所へ避難することが大切です。

(1)すぐ地下から出る
街では地下室や地下街、地下駐車場などに一気に水が流れ込みます。逃げようと思った時には水圧でドアが開かなかったり、階段を流れ下る水の勢いが強くて移動できなかったりします。すぐに地上に出て下さい。

(2)川からすぐ離れて
街を流れる川は、水位が「短時間」で「一気に上がる」特徴があります。周辺で雨が降ったときはもちろんですが、上流部で雨が降った時も川から離れて下さい。

(3)出勤や帰宅時間を変更する
大雨の時には外を移動するのは危険です。過去の災害では出勤や帰宅中に犠牲になった人が相次ぎました。時間を変更して会社や自宅で待機することが大切です。

「街の水害」対策マニュアル 詳しくはこちらから

「NHK全国ハザードマップ」も参考に

お住まいの地域の大雨による災害のリスクについては、「NHK全国ハザードマップ」も参考になります。
全国を見渡せるハザードマップとしては現状で最も多い、6000以上の川の洪水リスクのほか、土砂災害のリスクも確認可能です。排水が追いつかずに浸水が起きる「内水氾濫」のハザードマップは一部の自治体に関して掲載されています。
パソコンやスマートフォンでも利用できますので、早めの避難や対策に役立ててください。

「NHK全国ハザードマップ」はこちらから

ページトップに戻る