シュトボー
  1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. シュトボー
  4. 台風2号2023年 関東甲信の影響は いつ接近 進路 雨量 警戒ポイント

台風2号2023年 関東甲信の影響は いつ接近 進路 雨量 警戒ポイント

  • 2023年6月3日

【更新・3日午後2時】
台風や前線の影響で、関東甲信では2日から3日朝にかけて激しい雨が降り続きました。24時間の雨量は、長野県の飯田市南信濃や埼玉県越谷市、茨城県土浦市で観測史上、最も多くなるなど、各地で記録的な大雨となりました。各地の雨量のほか、今後の見通しや注意点などについてまとめました。

台風や前線の影響 各地で記録的な大雨に

気象庁によりますと、大型の台風2号から大量の湿った空気が流れ込んで梅雨前線の活動が活発になり、西日本と東日本の太平洋側で、発達した雨雲が次々と流れ込む「線状降水帯」が相次いで発生するなど、2日から3日朝にかけて激しい雨が降り続き、各地で記録的な大雨となりました。

24時間雨量 都心も6月観測史上最多

この大雨では、関東甲信から近畿の23の観測点で、24時間に降った雨の量が観測史上最も多くなりました。

〇24時間雨量 観測史上最多
静岡県の浜松市熊の497.5ミリ、三重県鳥羽市の490.5ミリ、愛知県豊橋市の419ミリ、和歌山県湯浅町の385ミリ、奈良県五條市の283ミリ、長野県飯田市南信濃の273.5ミリ埼玉県越谷市の260.5ミリ茨城県土浦市の261.5ミリなど。

また、6月として最も多い24時間の雨量となったのは、西日本から東日本の150地点を超えました。

〇24時間雨量 6月最多
静岡県御殿場市で435ミリ、高知県土佐清水市で302ミリ、神奈川県相模原市で242.5ミリ東京の都心で218ミリ水戸市で177ミリ、大阪・堺市で168ミリ、甲府市で130.5ミリなど。

地盤の緩み 川の水位も高く

大雨のピークは過ぎましたが、これまでの雨で、各地で地盤が緩んだり川の水位が高くなったりしています。

千葉県と茨城県では「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があるほか、神奈川県と埼玉県、千葉県では「氾濫危険水位」を超えている川があります。(3日午前11時半の時点)

気象庁は、引き続き土砂災害や川の増水に警戒するよう呼びかけています。大雨となった地域では、斜面や増水した川の近くに近づかないようにしてください。

台風2号 3日午後にも温帯低気圧に

一方、台風2号は本州の南の海上を東寄りに進んだあと、3日の午後にも温帯低気圧に変わる見込みです。
関東と伊豆諸島では3日は風が強く、海上はしけや大しけが続くと予想され、気象庁は強風や高波に注意するよう呼びかけています。

「NHK全国ハザードマップ」も参考に

お住まいの地域の大雨による災害のリスクについては、「NHK全国ハザードマップ」も参考になります。
全国を見渡せるハザードマップとしては現状で最も多い、6000以上の川の洪水リスクのほか、土砂災害のリスクも確認可能です。
パソコンやスマートフォンでも利用できますので、早めの避難や対策に役立ててください。
 

ページトップに戻る