シュトボー
  1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. シュトボー
  4. 6月から猛暑日 熱中症対策のポイント 梅雨明けで暑さの見通しは

6月から猛暑日 熱中症対策のポイント 梅雨明けで暑さの見通しは

  • 2022年6月27日

東京都心では、統計を取り始めた明治8年・1875年以降で最も早く猛暑日を観測するなど、6月から厳しい暑さとなっています。こうしたなか気象庁は6月27日、「関東甲信などが梅雨明けしたとみられる」と発表しました。厳しい暑さのなか、熱中症にどう備えるか。暑さの見通しや熱中症対策のポイントをまとめました。

都心で最も早い猛暑日 関東甲信など梅雨明けに

気象庁によりますと25日、群馬県伊勢崎市で国内の6月の気温としては最も高い40.2度を観測したほか、東京の都心でも統計を取り始めた明治8年・1875年以降で最も早く35度以上の猛暑日を観測しました。

6月から厳しい暑さとなるなか気象庁は27日、「関東甲信、東海、それに九州南部が梅雨明けしたとみられる」と発表しました。梅雨明けは、平年と比べると関東甲信と東海で22日、九州南部で18日、いずれも早くなっています。

統計を取り始めた昭和26年以降、関東甲信のこれまでで最も早い梅雨明けは4年前、2018年の6月29日で、このまま確定すれば、過去最も早い梅雨明けとなります。

厳しい暑さが続くなかで、熱中症にどう備えるか。室内と屋外のケースについて、それぞれポイントをまとめました。

室内の熱中症対策 エアコン使用の目安は

毎年、室内で熱中症になる人が相次ぎます。エアコンを使って部屋を涼しく保ってください。部屋に「温度計」を置いて、室温や湿度を確認しましょう。
高齢者の場合は「暑くなってから」ではなく、エアコンをONにする基準を決めておきましょう。
また、水分補給は食事の時だけでなく、時間を決めて行うことも大切です。

屋外の熱中症対策 涼しい服装・水分補給

熱中症の危険性が高い時は「外出しない」ことも重要ですが、外出が避けられない時は、直射日光を避け、なるべく涼しい服装で出掛けましょう。
こまめに水分補給ができるように水筒なども持ち歩きましょう。長時間の外出は避けてください。

〇水分や塩分の補給
高血圧や心疾患の持病のある方は、かかりつけの先生に十分ご相談ください。

熱中症については、こまめに水分を補給する、我慢せず冷房を適切に使用する、屋外で会話が少ない場面などではマスクを外すなど、対策をとってください。

毎年、高齢者が冷房を使用せずに熱中症の疑いで亡くなるケースが確認されています。屋内では適切に冷房を使用するよう、離れて住む家族の方や周囲の人が声をかけるなど、注意をうながすよう心がけてください。

“統計上位に入る高温を予想 熱中症に十分注意”

27日の時点から、この先2週間の予報でも、北日本から西日本にかけての広い範囲でかなり高くなる見込みで、気象庁異常気象情報センターの楳田貴郁所長は、「過去の統計でも上位に入る高温が予想され、熱中症の対応に十分注意してほしい」と呼びかけました。

さらにこの夏は、太平洋高気圧に加えて大陸から上空に張り出す「チベット高気圧」も勢力を強める可能性があり、暑さがいっそう厳しくなるおそれもあるとしています。
気象庁は今後も高温が予想されるとして熱中症対策の徹底を呼びかけています。

一方、厳しい暑さの影響で政府は、東京電力の管内に27日、「電力需給ひっ迫注意報」を発令し、冷房は適切に使いながらできる限りの節電を求めています。

ページトップに戻る