シュトボー
  1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. シュトボー
  4. 命を守る避難情報が新しく レベル4は「避難指示」に1本化

命を守る避難情報が新しく レベル4は「避難指示」に1本化

  • 2021年5月20日

大雨などの災害時に自治体が5段階に分けて発表する避難の情報が、20日から変わりました。レベル4の「避難勧告」が廃止されて「避難指示」に一本化されたことなどが主な変更点です。なぜ変わったのか、ポイントはどこか、解説します。

レベル1とレベル2は変更なし

まず、「レベル1 最新情報に注意」と「レベル2 避難方法など確認」は変更ありません。

気象庁は「早期注意情報」という情報をホームページで発表しています。数日先までに気象警報が出る可能性について示した情報です。「レベル1」の段階ではこうした情報をチェックするなど、大雨に関する最新の情報に注意してください。

「レベル2」は、気象庁から「大雨・洪水注意報」が発表されるような段階です。実際に避難することになった場合に、どう行動すればいいのか改めて確認してください。自分が住んでいる場所で起きやすい災害の種類をハザードマップで調べたり、避難場所や避難の経路を確かめたりすることが重要です。

レベル3 高齢者等避難

「レベル3」は、これまでの「避難準備の情報」から「高齢者等避難」に名前が変わりました。

高齢者や体の不自由な人などは避難を始めてください。周りの方は支援をしてください。

レベル4 避難指示

「レベル4」はこれまで「避難勧告」と「避難指示」がありました。でも、どこが違うのか、どちらが切迫度が高いのか、いまひとつ分かりにくいという指摘もありました。そこで今回「避難指示」に一本化されました。

こうなると危険な場所にいる人は全員、避難が必要です。

レベル5 緊急安全確保

こちらは「災害発生情報」に代わって「緊急安全確保」が設けられました。

災害が発生しただけではなく切迫している、すぐに起きるかもしれないという状況などにも発表されます。
外に出ることも危険な場合がありますので、建物の2階以上など、少しでも安全な場所で命の助かる可能性の高い行動をとってください。しかし「緊急安全確保」は必ず発表されるというわけではありません。あくまで「避難し遅れた人の次善の行動」とされています。

大事なことは「レベル5」を待つことなく、「レベル4」の「避難指示」の段階までに避難を終えることです。

「どこにどうやって避難」事前に確認を

ことしは、早くも各地で大雨が予想される気象状況となっています。
戸惑うことなく避難行動につなげられるように、「自分はどこに避難するのか」「どうやって行くのか」を事前に確認しておいてください。またどのタイミングで逃げるのか、あらかじめ考えておきましょう。近くの川の水位の上昇や水の濁り方など、身近な異変や情報などを利用して避難を開始する、「避難スイッチ」を決めておくことも有効です。

ページトップに戻る