青天を歩け!青天を歩け!

有限責任横浜船渠会社よこはませんきょがいしゃ

(現・三菱重工業(株)横浜製作所)

有限責任横浜船渠会社
みなとみらい地区のドックヤードガーデンは横浜船渠のドック跡地
写真提供:横浜ランドマークタワー・ドックヤードガーデン

日米修好通商条約に基づき開港した横浜港には多くの外国船がやって来ましたが、当初は小さな桟橋のみで、大型船は沖合に停泊し、はしけに荷を積み替える必要がありました。また、船を補修するための近代的な港湾設備や、大型の倉庫なども整っていませんでした。栄一や原善三郎(はらぜんざぶろう)、横浜の財界人らは、埠頭やドック建設の要望を政府に提出し、明治24(1891)年に有限責任横浜船渠会社を設立しました。後に横浜船渠株式会社と改称、造船にも進出し、氷川丸などを建造しました。

※船渠(ドック)…船の検査や修繕を行うところ。

DATA
【住所】横浜市西区みなとみらい2-2-1(ドックヤードガーデン)
【アクセス】みなとみらい線「みなとみらい」駅から徒歩約3分
大正14(1925)年当時の第二号船渠 写真提供:三菱重工業(株)

大正14(1925)年当時の第二号船渠 写真提供:三菱重工業(株)

  • 大正14(1925)年当時の第二号船渠 写真提供:三菱重工業(株)

    大正14(1925)年当時の第二号船渠 写真提供:三菱重工業(株)

  • 明治39(1906)年頃の横浜船渠 写真提供:三菱重工業(株)

    明治39(1906)年頃の横浜船渠 写真提供:三菱重工業(株)

青天を歩いてみた!

投稿募集中!

あなたが実際に「歩いてみた!」有限責任横浜船渠会社(現・三菱重工業(株)横浜製作所)やその周辺で発見した事柄を撮った写真をお寄せください。なぜその場所に行ったのかなど、撮影時のエピソードも教えてください。ホームページで紹介させていただきます。

歩いてみたい ゆかりの地

ページトップに戻る