青天を歩け!青天を歩け!

東京湾汽船会社とうきょうわんきせんがいしゃ

(現・東海汽船株式会社)

東京湾汽船会社(現・東海汽船株式会社)
昭和5年頃の霊岸島(現在の中央区新川)の桟橋

明治22(1889)年、栄一の発案で当時東京湾内で営業していた4つの船会社が合併・統合し、東京湾汽船会社が設立されました。 これは多数の小会社が分立して競争する弊害を取り除くためでした。同24年、東京湾汽船は印鑑の材料であるツゲ材の輸送のため、東京府の要請で御蔵島への定期航路を開いたのをきっかけに、伊豆諸島航路を開拓しました。 

DATA
【住所】港区海岸1-12-2(竹芝客船ターミナル)
【アクセス】ゆりかもめ「竹芝」駅より徒歩約1分
開業時の霊岸島(現在の中央区新川)の社屋の図

開業時の霊岸島(現在の中央区新川)の社屋の図

青天を歩いてみた!

投稿募集中!

あなたが実際に「歩いてみた!」東京湾汽船会社(現・東海汽船株式会社)やその周辺で発見した事柄を撮った写真をお寄せください。なぜその場所に行ったのかなど、撮影時のエピソードも教えてください。ホームページで紹介させていただきます。

歩いてみたい ゆかりの地

ページトップに戻る