青天を歩け!青天を歩け!

東京瓦斯とうきょうガス

(現・東京ガス)

澁澤倉庫
ガス灯が映えるガスミュージアム。
建物には、栄一が設立した日本煉瓦製造株式会社製のれんがが使われています。

栄一はパリ万博幕府使節団の一員として訪欧した際、近代都市パリの夜を明るく照らすガス灯を見て、深い感銘を受けました。 そして、国民の生活を豊かにするためには欠かせないインフラ整備に力を入れます。
明治9(1876)年から東京府瓦斯局長を務めたのち、同18年のガス事業の民間払い下げを受け、栄一らは東京瓦斯会社を設立。通算35年、日本のガス事業を牽引しました。

DATA
【住所】小平市大沼町4-31-25
【開館時間】10:00~17:00
【アクセス】西武新宿線「花小金井駅」、西武池袋線「東久留米」駅、JR「武蔵小金井」駅からバスで「ガスミュージアム入口」下車徒歩約3分
明治37年12月20日 第二製造所新築石炭窯室 写真提供:東京ガスミュージアム

明治37年12月20日 第二製造所新築石炭窯室にて(中央が栄一)
写真提供:東京ガスミュージアム

  • 明治37年12月20日 第二製造所新築石炭窯室にて(中央が栄一) 写真提供:東京ガスミュージアム

    明治37年12月20日 第二製造所新築石炭窯室にて(中央が栄一)
    写真提供:東京ガスミュージアム

  • 神田錦町本社外観 写真提供:東京ガスミュージアム

    神田錦町本社外観 写真提供:東京ガスミュージアム

青天を歩いてみた!

投稿募集中!

あなたが実際に「歩いてみた!」東京瓦斯(現・東京ガス)やその周辺で発見した事柄を撮った写真をお寄せください。なぜその場所に行ったのかなど、撮影時のエピソードも教えてください。ホームページで紹介させていただきます。

歩いてみたい ゆかりの地

ページトップに戻る