青天を歩け!青天を歩け!

東京商法会議所とうきょうしょうほうかいぎしょ

(現・東京商工会議所)

現在の東京商工会議所
現在の東京商工会議所
写真提供:東京商工会議所

欧米列強との貿易に関する不平等条約の撤廃を目指していた明治政府は、その過程で英国公使パークスらから、「商工業の世論を結集する代表機関がない」という指摘を受けていました。そのため、世論を形成する場が求められたのです。大蔵卿大隈重信に相談を持ちかけられた栄一は、欧米の“国の法律によらず一般商人の申し合せで成る団体組織”を思い起こし、明治11(1878)年、東京商法会議所をつくります。栄一は27年にわたって会頭を務め、民間経済界の取りまとめと地位向上に奔走しました。同じころ、大阪でも五代友厚によって大阪商法会議所が設立され「東の渋沢、西の五代」と称されました。

DATA
【住所】千代田区丸の内3-2-2
【開館時間】9:30~16:30(東商渋沢ミュージアム※時間変動有)
【アクセス】地下鉄「日比谷」駅直結
明治32(1899)年に現在の場所に竣工した東京商業会議所(名称は当時)

明治32(1899)年に現在の場所に竣工した東京商業会議所
(名称は当時)

ひるまえほっと 12月21日
渋沢ゆかりの地 大河ドラマ撮影の舞台裏は

渋沢ゆかりの地 大河ドラマ撮影の舞台裏は

青天を歩いてみた!

投稿募集中!

あなたが実際に「歩いてみた!」東京商法会議所(現・東京商工会議所)やその周辺で発見した事柄を撮った写真をお寄せください。なぜその場所に行ったのかなど、撮影時のエピソードも教えてください。ホームページで紹介させていただきます。

歩いてみたい ゆかりの地

ページトップに戻る