青天を歩け!青天を歩け!

不動ヶ岡不動尊總願寺論語碑ふどうがおかふどうそんそうがんじろんごひ

(渋沢栄一来遊記念)

不動ヶ岡不動尊總願寺論語碑(渋沢栄一来遊記念)
不動ヶ岡不動尊總願寺に建立されている論語碑

栄一は大正7(1918)年に埼玉中学校(現在の不動岡高校)で講演を行い、青少年期の勉学の重要性を説きました。学校には今も渋沢の書である「質実剛健(しつじつごうけん) 」の額が掲げられています。
この訪問を記念し、2年後に総願寺境内に高さ4.3mの論語碑が建てられました。碑文の表面には栄一自身の手で書かれた論語の一文が、裏面には訪問にいたった経緯が刻まれています。

DATA
【住所】加須市不動岡2-9-18 不動ヶ岡不動尊總願寺境内
【アクセス】 東武伊勢崎「加須」駅北口下車徒歩25分もしくは
加須車庫行きバス終点下車又は市内循環バス 西循環コースで不動尊バス停すぐ
※駐車場有
「質実剛健」額  埼玉県立不動岡高校所蔵

「質実剛健」額  埼玉県立不動岡高校所蔵

青天を歩いてみた!

投稿募集中!

あなたが実際に「歩いてみた!」不動ヶ岡不動尊總願寺論語碑(渋沢栄一来遊記念)やその周辺で発見した事柄を撮った写真をお寄せください。なぜその場所に行ったのかなど、撮影時のエピソードも教えてください。ホームページで紹介させていただきます。

歩いてみたい ゆかりの地

ページトップに戻る