青天を歩け!青天を歩け!

小見川農商銀行おみがわのうしょうぎんこう

小見川農商銀行
※業精于勤(なりわいはつとむるにくわし)

昭和3(1928)年3月、千葉銀行の前身銀行のひとつである小見川農商銀行創業30周年祝典に招かれた栄一は、そこで自ら揮ごう(きごう)した「業精于勤」(仕事や学問は地道に努力していれば必ず成功するという意味)の書を贈っています。それ以来、「業精于勤」は同行の理念とされ、栄一の書は今も千葉銀行で大切に保管されています。

青天を歩いてみた!

投稿募集中!

あなたが実際に「歩いてみた!」事柄を撮った写真をお寄せください。なぜその場所に行ったのかなど、撮影時のエピソードも教えてください。ホームページで紹介させていただきます。

歩いてみたい ゆかりの地

ページトップに戻る