青天を歩け!青天を歩け!

野田醤油と興風会館のだしょうゆとこうふうかいかん

野田醤油(現・キッコーマン株式会社)
現在の興風会館
写真提供:公益財団法人興風会

野田醤油株式会社(現・キッコーマン株式会社)は大正6(1917)年、千葉県野田・流山周辺の醤油醸造家たちによって設立されました。そのうちの髙梨家と姻せき関係にあった栄一は、さまざまな支援を行っています。栄一は労使協調のための研究や社会事業を行う財団法人協調会の副会長に就任し、争議調停活動を行いました。会社設立当時、野田醤油の争議は激しいものでしたが、協調会はこの争議の調停役を務め解決へと導きました。野田醤油株式会社増資に際し、これを支援する経営者団体として合名会社千秋社が組織されます。この千秋社からの寄付をもとに地元社会への貢献を目的とした、財団法人興風会が設立され、昭和4(1929)年には、野田醤油株式会社の隣接地にホールや図書館が入った興風会館が完成します。ロマネスク様式を取り入れたこの建物の設計は、神田駿河台の明治大学旧校舎を設計した大森茂氏によるもので、現在も斬新な美しさを保っています。

DATA
【住所】野田市野田250(キッコーマン野田本社、興風会館)
【住所】野田市野田339(旧・野田商誘銀行)
【アクセス】どちらも東武アーバンパークライン(野田線)
「野田市」駅から徒歩約11分
昭和4年の興風会館

昭和4年の興風会館

  • 昭和4年の興風会館

    昭和4年の興風会館

  • キッコーマン野田本社・興風会館の近くに立つ現在の千秋社社屋(旧・野田商誘銀行)。
                                野田商誘銀行は明治33年に醤油醸造家達の機関銀行として設立されました。写真提供:千秋社

    キッコーマン野田本社・興風会館の近くに立つ現在の千秋社社屋(旧・野田商誘銀行)。
    野田商誘銀行は明治33年に醤油醸造家達の機関銀行として設立されました。
    写真提供:千秋社

青天を歩いてみた!

投稿募集中!

あなたが実際に「歩いてみた!」野田醤油と興風会館やその周辺で発見した事柄を撮った写真をお寄せください。なぜその場所に行ったのかなど、撮影時のエピソードも教えてください。ホームページで紹介させていただきます。

歩いてみたい ゆかりの地

ページトップに戻る