青天を歩け!青天を歩け!

漢学塾二松学舎かんがくじゅくにしょうがくしゃ

(現・二松学舎大学)

漢学塾二松学舎
漢学塾二松學舎(明治30年代)
写真提供:二松学舎大学

明治10(1877)年に漢学者・三島中洲(みしまちゅうしゅう)が「漢学塾二松學舎」を設立します。しかし明治時代後半になると漢学を学ぶ者が少なくなり、塾生の数が減少したことから、親交があり同じ考えを持っていた栄一に協力を依頼。栄一は大正8(1919)年、二松学舎第3代舎長に就任し、昭和6(1931)年まで経営基盤の強化に務めました。同3年には二松学舎専門学校、同24年には二松学舎大学へと移行、現在に至ります。

DATA
【住所】千代田区三番町6-16(九段キャンパス1・2号館)
【アクセス】地下鉄「九段下」駅から徒歩約8分

青天を歩いてみた!

投稿募集中!

あなたが実際に「歩いてみた!」漢学塾二松学舎(現・二松学舎大学)やその周辺で発見した事柄を撮った写真をお寄せください。なぜその場所に行ったのかなど、撮影時のエピソードも教えてください。ホームページで紹介させていただきます。

歩いてみたい ゆかりの地

ページトップに戻る