青天を歩け!青天を歩け!

旧渋沢邸「中の家」きゅうしぶさわてい なかんち

旧渋沢邸「中の家」
写真:渋沢栄一記念館

栄一の生家は血洗島(ちあらいじま)村(現・深谷市)にある農家で、麦のほか養蚕や藍玉の製造販売を手がけていました。現存する主屋は、栄一の妹夫妻が明治28(1895)年に上棟したもので、栄一が滞在するための部屋が設けられています。栄一は晩年、たびたび里帰りしました。
屋根に「煙出し」と呼ばれる天窓があり、養蚕農家の形を残しています。
「中の家」という呼び名は、この一帯の渋沢一族の、それぞれの家の位置関係に由来しているものです。

DATA
【住所】深谷市血洗島247-1
【開館時間】9:00~17:00
【アクセス】JR「深谷」駅からタクシーで約20分

動画

アンドロイドがお出迎え 渋沢栄一の生家 【ナレーター】美村里江

3月15日

アンドロイドがお出迎え 渋沢栄一の生家 【ナレーター】美村里江

3月15日
アンドロイドがお出迎え 渋沢栄一の生家 【ナレーター】美村里江

青天を歩いてみた!

投稿募集中!

あなたが実際に「歩いてみた!」旧渋沢邸「中の家」やその周辺で発見した事柄を撮った写真をお寄せください。なぜその場所に行ったのかなど、撮影時のエピソードも教えてください。ホームページで紹介させていただきます。

歩いてみたい ゆかりの地

ページトップに戻る