青天を歩け!青天を歩け!

黒須銀行くろすぎんこう

(現・埼玉りそな銀行)

今も残る旧黒須銀行
今も残る旧黒須銀行

明治33(1900)年の設立時に顧問だった栄一は、道徳に基づく経営を目指すことを意味する「道徳銀行」という書をこの銀行に贈りました。「論語」と「算盤」の一致を唱え、道義に反した金もうけを戒めた栄一らしい言葉です。明治42(1909)年に完成した本店は土蔵造り2階建ての寄棟瓦葺(よせむねかわらぶき)で、入間市の指定有形文化財になっています。

DATA
【住所】入間市宮前町5-33
【開館時間】10:00~16:00(公開日限定)
【アクセス】西武池袋線「入間市」駅から徒歩約10分
大正9年頃の様子

大正9年頃の様子

  • 大正9年頃の様子

    大正9年頃の様子

  • 現在の埼玉りそな銀行本店(さいたま市)写真提供:埼玉りそな銀行

    現在の埼玉りそな銀行本店(さいたま市)写真提供:埼玉りそな銀行

  • 渋沢栄一筆の扁額「道徳銀行」写真提供:埼玉りそな銀行

    渋沢栄一筆の扁額「道徳銀行」
    写真提供:埼玉りそな銀行

青天を歩いてみた!

投稿募集中!

あなたが実際に「歩いてみた!」黒須銀行やその周辺で発見した事柄を撮った写真をお寄せください。なぜその場所に行ったのかなど、撮影時のエピソードも教えてください。ホームページで紹介させていただきます。

歩いてみたい ゆかりの地

ページトップに戻る