青天を歩け!青天を歩け!

華蔵寺けぞうじ

華蔵寺
華蔵寺と後ろに見えるのは赤城山

華蔵寺は、栄一の生家である「中の家」の菩提寺(ぼだいじ)でした。その縁で、栄一は昭和2(1927)年に額を書き、赤松を植樹しました。残念ながらこの赤松は大雪で倒壊してしまい、現在は2代目が植えられています。ここには、栄一による「大日如来」の書をはじめ、伯父宗助(そうすけ)や尾高惇忠(おだかじゅんちゅう)の書などが残され、併設の美術館で公開されています。

DATA
【住所】深谷市大字横瀬1360
【アクセス】JR「岡部」駅からタクシーで約8分
4幅いずれも栄一の書 華蔵寺美術館蔵 写真提供:華蔵寺

4幅いずれも栄一の書
華蔵寺美術館蔵
写真提供:華蔵寺

青天を歩いてみた!

投稿募集中!

あなたが実際に「歩いてみた!」華蔵寺やその周辺で発見した事柄を撮った写真をお寄せください。なぜその場所に行ったのかなど、撮影時のエピソードも教えてください。ホームページで紹介させていただきます。

歩いてみたい ゆかりの地

ページトップに戻る