青天を歩け!青天を歩け!

旧本庄仲町郵便局きゅうほんじょうなかまちゆうびんきょく

現存する旧本庄仲町郵便局
現存する旧本庄仲町郵便局舎
写真提供:本庄市教育委員会

旧本庄仲町郵便局は、栄一の親戚の諸井泉衛(もろいせんえい)が初代局長を務めました。泉衛の子で2代目局長だったのが諸井恒平(つねへい)です。恒平は秩父にある武甲山の石灰石に注目し、セメント事業を計画。相談を受けた栄一はこれに賛同・援助し、大正12(1923)年、秩父セメント会社が設立されました。会社は順調に発展し、恒平は「セメント王」とよばれました。
現存する旧本庄仲町郵便局舎は昭和9(1934)年に恒平が建築したものです。

DATA
【住所】本庄市中央1-8-2
【アクセス】JR「本庄」駅から徒歩約10分
昭和9年に建て替えられた旧本庄仲町郵便局 写真提供:(有)諸井家

昭和9年に建て替えられた旧本庄仲町郵便局
写真提供:(有)諸井家

青天を歩いてみた!

投稿募集中!

あなたが実際に「歩いてみた!」旧本庄仲町郵便局やその周辺で発見した事柄を撮った写真をお寄せください。なぜその場所に行ったのかなど、撮影時のエピソードも教えてください。ホームページで紹介させていただきます。

歩いてみたい ゆかりの地

ページトップに戻る