青天を歩け!青天を歩け!

渋沢栄一とは?

こんな熱い男がいた!渋沢栄一
こんな熱い男がいた!渋沢栄一

渋沢栄一
(1840~1931年)とは?

渋沢栄一
(深谷市所蔵)

「近代日本経済の父」と呼ばれる渋沢栄一は天保11(1840)年、武蔵国榛沢郡血洗島(ちあらいじま)村(現在の埼玉県深谷市)に生まれました。

生家は農家で、麦作のほか養蚕や藍玉の製造販売を手掛けていました。

栄一は幼い頃から家業に励んだほか、従兄の尾高惇忠に『論語』をはじめとする漢籍を学びました。尾高から尊王攘夷思想の影響を受けた栄一は、同志とともに高崎城襲撃、横浜外国人居留地焼き打ちを計画しましたが、直前に中止します。

元治元(1864)年、栄一は一橋家に仕えることになり、当主・慶喜が将軍となったため幕臣になります。慶応3(1867)年、パリ万国博覧会の幕府使節随員となり、徳川昭武(あきたけ)に従って渡欧。ヨーロッパの社会経済制度を見聞し、日本の近代化の必要性を痛感しました。

維新後帰国し、明治新政府に出仕した後、実業家として幅広く活躍します。日本初となる銀行、鉄道やガスといった様々な会社を設立・育成し、その数は生涯で約500と言われています。また、学校や病院といった約600の社会事業に携わりました。

明治42(1909)年、69歳になった栄一は実業の第一線から退き、大正5(1916)年には完全に引退します。以後の栄一は各種社会事業や民間外交にひときわ注力しました。大正15(1923)年から数年にわたり、毎年第一次世界大戦の終結日である11月11日にラジオ放送で平和を訴える演説を行いました。また、日本国際児童親善会を設立し、アメリカとの「友情の人形」の交換を主導しました。これらの国際平和への貢献が評価され、栄一は2度にわたってノーベル平和賞の候補になっています。

昭和6(1931)年11月11日、栄一は東京・飛鳥山の自邸で91歳の生涯を閉じました。

左)パリで洋装の栄一 右)アメリカとの『友情の人形』
左)フランスで洋装の栄一(渋沢史料館所蔵)
右)栄一は人形交流を通じて、民間レベルでの友好と相互理解につとめました。(埼玉県歴史と民族の博物館所蔵、部分)
昭和6年9月、ラジオを通じて水害義援金を訴える
昭和6年9月、ラジオを通じて水害義援金を訴える(右は妻・兼子)
渋沢栄一ゆかりの人々渋沢栄一ゆかりの人々

渋沢栄一の生涯

  • 1840(天保11年)

    0歳

    武蔵の国榛沢郡血洗島村(はんざわぐんちあらいじまむら)に生まれる。

  • 1858(安政5年)

    18歳

    尾高惇忠(じゅんちゅう)の妹、千代と結婚

  • 1863(文久3年)

    23歳

    高崎城乗っ取り等の計画をするが、中止。

  • 1864(元治元年)

    24歳

    従兄の渋沢喜作(きさく)と共に一橋家に仕官する。

  • 1866(慶応2年)

    26歳

    徳川慶喜が第15代将軍となり、栄一は幕臣に。

  • 1867(慶応3年)

    27歳

    パリ万国博覧会の幕府使節随員となり、ヨーロッパへ渡る。

  • 1868(明治元年)

    28歳

    フランスより帰国。

  • 1869(明治2年)

    29歳

    明治新政府に仕官する。

  • 1873(明治6年)

    33歳

    大蔵省を辞任し、第一国立銀行総監役となる。抄紙会社を創立する。

  • 1878(明治11年)

    38歳

    東京商法会議所を創立し、会頭に就任。

  • 1879(明治12年)

    39歳

    王子の飛鳥山に別荘を設ける。前米国大統領グラント将軍歓迎会を開く。東京養育院の院長に就任。

  • 1882(明治15年)

    42歳

    妻・千代死去。(翌年に伊藤兼子と再婚)。

  • 1887(明治20年)

    47歳

    帝国ホテル創立にあたり、発起人総代となる。

  • 1902(明治35年)

    62歳

    欧米視察。ルーズベルト米国大統領と会見。

  • 1909(明治42年)

    69歳

    これまで関係した諸会社・団体など大半の役職を辞する。
    渡米実業団の団長として、米国約60都市を訪問。

  • 1915(大正4年)

    75歳

    日米親善のため渡米。ウィルソン米国大統領と会見。

  • 1916(大正5年)

    76歳

    実業界を引退する。

  • 1921(大正10年)

    81歳

    排日問題改善のため渡米。ハーディング米国大統領と会見。

  • 1923(大正12年)

    83歳

    関東大震災が起こる。震災後、大震災善後会の副会長となる。

  • 1926(大正15年)

    86歳

    この年から昭和5年まで、第一次世界大戦終結日である11月11日に、毎年ラジオ放送で平和を訴える演説を行う。
    日本の民間経済外交の組織化と、生涯を通じて国際交流に力を入れた功績を評価され、ノーベル平和賞候補となる。

  • 1927(昭和2年)

    87歳

    日米国際児童親善会会長として日米の人形の交換につとめる。
    二度目のノーベル平和賞候補となる。

  • 1931(昭和6年)

    91歳

    11月11日飛鳥山自邸にて死去。

渋沢ゆかりの場所

生涯に500の企業、600の社会事業に携わった渋沢。
このページでは関東に残る渋沢ゆかりの主な施設や場所を紹介しています。

埼玉県

東京都

神奈川県

千葉県

群馬県

バナー
ページトップに戻る