ページの本文へ

埼玉WEB特集

  1. 首都圏ナビ
  2. 埼玉WEB特集
  3. 渋沢栄一が一万円札に 20年ぶり新紙幣発行 埼玉県深谷市は祝賀ムード

渋沢栄一が一万円札に 20年ぶり新紙幣発行 埼玉県深谷市は祝賀ムード

  • 2024年7月3日

20年ぶりとなる新しい紙幣が7月3日から発行されました。
一万円札の肖像、渋沢栄一の地元・埼玉県深谷市ではお祝いムードで盛り上がりました。
この日の動きをまとめました。

新一万円札の顔 深谷市出身の渋沢栄一

新たな紙幣は、一万円札が「近代日本経済の父」と呼ばれる渋沢栄一、五千円札は日本で最初の女子留学生としてアメリカで学んだ津田梅子、千円札は破傷風の治療法を開発した細菌学者の北里柴三郎の肖像がデザインされています。

待ちきれない深谷市 カウントダウンでお祝い

渋沢栄一の出身地、埼玉県深谷市では、新紙幣発行を日本一早く祝うカウントダウンイベントが開かれました。
深谷市の小島進市長や地元の人など大勢が参加したイベントでは、日付が3日になるのに合わせてカウントダウンが行われました。

日付が変わると、集まった人たちが一斉にクラッカーを鳴らしバンザイをして、新一万円札の発行を祝いました。

ステージ上ではくす玉が割られたり鏡開きが行われたりして、お祝いムードをいっそう盛り上げていました。

参加した地元の人たちは「きょうは最高の気分です。早く新しい一万円札を手にしたいです」とか「きょうを待ちに待っていました。新札が全国に浸透して渋沢栄一さんが全国に知れ渡ったらうれしい」などと話していました。

日銀から金融機関へ 新紙幣の引き渡し

東京・日本橋にある日銀本店では、3日朝に新紙幣の発行にあわせて記念の式典が行われました。
日銀の植田総裁は式典で「本日、1兆6000億円の新しい日本銀行券を世の中に送り出す予定です。キャッシュレス化が進展していますが、現金は、誰でもいつでもどこでも安心して使える決済手段で、今後とも大きな役割を果たしていくと考えられます。新しい日本銀行券が国民の皆さまのお手もとに広く行き渡り、わが国経済を支える潤滑油となることを期待しています」とあいさつしました。
そして午前8時すぎに日銀から金融機関に新紙幣が引き渡され、束になった新紙幣が輸送車に積み込まれました。

福沢諭吉から渋沢栄一へ 引き継ぎ式

新旧一万円札にそれぞれ肖像がデザインされている福沢諭吉と渋沢栄一の出身地の自治体が、東京証券取引所で引き継ぎ式を行いました。
渋沢栄一は東京証券取引所の前身となる取引所を中心となって設立したことなどから、一万円札の引き継ぎ式は東証で行われました。
式典には福沢の出身地、大分県中津市の奥塚正典市長と渋沢の出身地、埼玉県深谷市の小島進市長などおよそ30人が出席しました。

大分県中津市 奥塚市長
「2人が共通して重視した、近代化や、官ではなく民、経済の実学、そして人材育成などの考えは現代にも通ずる。2人は両市の誇りでもあり、精神的支柱だ」

埼玉県深谷市 小島市長
「渋沢翁も福沢先生も取引の重要性を言ってきた。日本の取引の中心である東証で引き継ぎ式を行えることを2人も喜んでいると思う」

2つの市の市長が宣言を読み上げ、福沢と渋沢、2人の実績や精神を広く発信していくことなどを宣言しました。そして取引所の鐘を打ち鳴らして、日本経済の発展を祈りました。
式典のあと、小島市長は「新紙幣の発行を機に、渋沢翁の『論語と算盤』に残るような精神が1人でも多くの人に伝わればと思います」と述べていました。

さっそく交換 新紙幣を手にした人は

渋沢栄一にゆかりのある銀行の支店では、新紙幣に両替しようと多くの利用客が集まりました。
東京・中央区にあるみずほ銀行兜町支店は、渋沢栄一が設立に携わった日本初の銀行「第一国立銀行」があった場所で営業しています。
この支店では、午前10時半ごろから新紙幣の取り扱いが始まり、窓口を訪れた利用客がさっそく新紙幣を受け取っていました。

30代の経営者の男性は「税金を払いに来たのですが、そのついでに両替をしようと思いました。ふだんはキャッシュレス派ですが新紙幣はまだ見慣れなくて外国のお金のようです」と話していました。
近くの会社に勤める男性は「渋沢栄一ゆかりの地ということで両替に来ました。新紙幣は使わずに記念に保管しようと思います」と話していました。
新紙幣に両替するために複数の銀行を訪れたという80代の男性は「ほかの銀行の支店はあすから新紙幣を取り扱うところが多く、渋沢栄一にゆかりのあるここならばと思って来ました。キャッシュレスにはついて行けない世代で、新紙幣は印刷ならではのよさが感じられます」と話していました。

渋沢栄一の地元 深谷市の銀行には150人行列

こちらは、渋沢栄一が前身となる銀行の設立に関わった埼玉りそな銀行。
深谷支店には渋沢栄一の地元で新紙幣を受け取ろうという人たちが朝から並び、取り扱いが開始される午後1時には150人余りが店の外まで列を作りました。

記念Tシャツを着た銀行員が「取り扱いを始めます」と知らせると、次々に専用窓口や両替機に向かい、さっそく新紙幣を受け取っていました。
渋沢の出身地で新一万円札を手に入れたいという問い合わせが相次ぎ、1人10枚までに上限を設けたということです。

午前7時ごろから6時間以上待ち、新一万円札を4枚手に入れた埼玉県川口市の75歳の男性は「待ちわびていたので交換できて本当にうれしいです。発行初日に渋沢栄一の地元で手に入れた一万円札はとても貴重なので、使わずに大切に取っておこうと思います」と話していました。

店舗では地元新聞社の号外も配られ、受け取った人たちは地元にゆかりがある人物が描かれた新一万円札の発行を喜び合っていました。
埼玉りそな銀行深谷支店の瀬村泰紀支店長は「これだけの人が並んだことに関心の高さを実感しました。新紙幣をきっかけに多くの人に深谷市に訪れてもらいたいです」と話していました。

渋沢栄一の子孫 受け継ぐ経営哲学語る

新一万円札の発行を記念したイベントがさいたま市で開かれ、渋沢の子孫の男性らが、受け継がれてきた経営哲学などを語りました。

埼玉県が開いたイベントには、渋沢栄一の「やしゃご」で経営アドバイスなどを行う会社の代表取締役を務める渋澤健さんをはじめ、埼玉県の大野知事や栄一にゆかりのある企業の経営者などが参加しました。

渋澤健さん

渋澤健さんは、栄一が新しい時代を迎えて社会的課題が山積するなかで、未来を切り開こうと、道徳と経済の両立などを経営哲学として確立させたことを紹介し、新しい時代や環境にあった価値をともにつくろうという考え方がいまに通じるものだと、話していました。
また、別の企業の経営者などは栄一の理念はいまも受け継がれていることなどを紹介しました。

会場では新旧の一万円札の交換会も行われ、新しい一万円札を受け取った狭山市の30代の女性は「本を読んで渋沢さんが好きになりました。記念の日に手に取ることができて、うれしい。渋沢さんの考え方が受け継がれていることを実感しました」と話していました。

渋沢Tシャツを着用 東京商工会議所

渋沢栄一が初代会頭を務めた東京商工会議所では職員たちが渋沢のイラストが描かれたTシャツを着るなどして新紙幣の発行を祝いました。
渋沢栄一は、現在の東京商工会議所の初代会頭を1878年から27年間務めました。
商工会議所のオフィスでは、職員たちが新紙幣の発行を祝い、アパレル大手と連携して手がけた渋沢のイラストなどが描かれたTシャツを着て、業務を行いました。

オフィスが入るビルの1階には、渋沢の写真などがデザインされた幅4メートル80センチの巨大なパネルや、人々の願いなどが書かれた絵馬をデータ化して並べ、渋沢の顔に見立てたモザイクアートなどが設置され、訪れた人たちがスマホで撮影するなど、新紙幣発行の歓迎ムードを楽しんでいました。

訪れていた経営者の男性は「渋沢栄一をずっと尊敬していたのでこの日を楽しみにしていました。紙幣が手に入ったら飾ります」と話していました。
東京商工会議所の小林治彦常務理事は「記念すべきこの日を迎えられてうれしいかぎりです。キャッシュレスの時代だが、広くPRをして1万円札を使ってもらい、渋沢栄一が追求した私益と公益の両立という考えについて振り返ってもらいたい」と話していました。

深谷市には「6番目」の新一万円札

深谷市では3日夜、祝賀イベントが開かれ、日銀から贈られた番号が6番目に若い一万円札が披露されました。

日銀は、「記番号」と呼ばれる識別番号の若い紙幣を、ゆかりのある自治体や法人などに贈ることを決め、一万円札、五千円札、千円札それぞれの「AA000001AA」という最も若い番号は、日銀の「貨幣博物館」に所蔵されることになりました。
それに続く、「2AA」の一万円札は渋沢栄一が初代会頭を務めた東京商工会議所に贈られ、深谷市には「6AA」が贈られました。

深谷市役所で行われた祝賀イベントでは、くす玉を割ったり万歳をしたりして、渋沢栄一が描かれた新一万円札の発行を祝いました。

小島進市長が日銀から贈られた「AA000006AA」という番号が6番目に若い一万円札を披露すると、会場からは拍手が送られていました。

このほか市役所内で新紙幣への交換会が行われたほか、駐車場では渋沢栄一が設立に関わるなど、ゆかりがある大手ビール会社3社が販売ブースを出し、集まった人たちは渋沢が描かれたカップでビールなどを楽しんでいました。

イベントに参加した70代の男性は「きょうはお祝いなのでたくさん飲みたい。新一万円札をたくさん使ってもらい、市の経済が盛り上がったらうれしいです」と話していました。
50代の女性は「深谷市のみんなが待ちに待っていたのでとてもうれしいです。新しい一万円札を手にした人がみんな幸せになったらうれしいです」と話していました。

イベントで披露された6番目に若い識別番号の新一万円札は市役所で展示されます。

ページトップに戻る