ページの本文へ

埼玉WEB特集

  1. 首都圏ナビ
  2. 埼玉WEB特集
  3. 東京・埼玉 8日の雪は?通勤・通学の交通影響は?関東平地で大雪おそれ

東京・埼玉 8日の雪は?通勤・通学の交通影響は?関東平地で大雪おそれ

  • 2024年3月8日

急速に発達している低気圧の影響で関東南部の平地で雪が降り、東京の都心やさいたま市などでも雪が積もっています。
関東南部ではこのあと数時間は雪が降る見込みで交通への影響や路面の凍結に十分注意してください。(8日10時30分更新)

東京23区も雪

気象庁によりますと、低気圧が急速に発達しながら日本の東の海上を北東へ進んでいる影響で、関東甲信では平地でも雪が降っています。

午前8時までの3時間の降雪量は
▽栃木県の那須高原で9センチ、
▽さいたま市で3センチ、
▽東京の都心と横浜市で1センチなどとなっています。

また、午前8時の積雪は
▽栃木県の那須高原で17センチ、
▽さいたま市で2センチ、
▽東京の都心で1センチとなっています。

東京23区を含む関東の北部と南部の平地では、このあと数時間は雪が降る見込みです。

さいたま市で積雪

気象台によりますと低気圧が急速に発達しながら日本の東の海上を北東へ進んでいる影響で埼玉県内でも雪が降っています。

午前6時の積雪は
さいたま市で3センチとなっています。
県内はきょうの昼前にかけて南部と北部で大雪となるおそれがあり、9日朝までの24時間に降る雪の量は、いずれも多い所で
南部と北部で5センチ
秩父地方で1センチと予想されています。

交通影響は?

雪による交通への影響です。

▽JR中央本線
雪の影響で山梨県内の大月駅と塩山駅の間の上下線、韮崎駅と小淵沢駅の間の上り線で朝から運転を見合わせていましたが、天候が回復し運転に支障がないことが確認できたため午前8時24分までに運転を再開しました。

▽JR宇都宮線
雪の重みで線路沿いの竹が倒れた影響で午前7時46分から宇都宮駅と栃木県那須塩原市の黒磯駅の間の上下線で運転を見合わせていましたが午前9時25分ごろに運転を再開しました。

▽JR青梅線
雪のため青梅駅と奥多摩駅の間で8日の始発から運転を見合わせていましたが、天候が回復したため午前8時11分に上下線で運転を再開しました。

このほか、特急電車も一部の運転を取りやめています。

JR東日本は最新の情報について、ホームページなどで随時、発表するとしていて、今後の気象情報や最新の運転状況に注意するよう呼びかけています。

高速道路はこれまでのところ雪による通行止めなどの影響は出ていません。

大雪の際の注意点

大雪の際には交通への影響や歩行者の転倒などが相次いでいます。

特に雪に慣れていない地域では積雪したり凍ったりした路面を歩いて転倒し、大けがにつながることもあります。移動に時間がかかることを念頭に余裕を持った計画を立てておくことも重要です。

注意点は以下の通りです。

〇注意する場所 
□車や人が多く通行する道 
□横断歩道 
□道路や歩道の脇 
□バスやタクシーの乗降場所 
□歩道橋 
□ビルや住宅の日影 
□鉄道や地下街の出入り口

〇歩く際の注意点 
□滑り止めの付いた靴を履く 
□歩幅を小さくペンギンのように歩く 
□靴の裏全体を地面につけ歩く 
□リュックサックなどで両手を自由にする 
□手袋や帽子を着用 
□転ぶときはお尻から

ページトップに戻る