ページの本文へ

  1. 首都圏ナビ
  2. 埼玉WEB特集
  3. さつまいも料理 さいたま市でイベント開催

さつまいも料理 さいたま市でイベント開催

首都圏ネットワーク おかえり天気
  • 2023年02月22日

まだまだ寒い日が続きます。こんな季節に食べたくなるのがさつまいもですよね。2月20日の首都圏ネットワークの「おかえり天気」では、気象予報士の市村紗弥香さんとしゅと犬くんがユニークなさつまいも料理を紹介しました。

「さつまいも博」実行委員長の石原健司さんに出演していただき、さつまいもを使った料理「きんぴら」「オーツミルク粥」「豚汁」「フムス」を紹介しました。

市村さんが試食したのは「フムス」。聞きなれない名前ですが、いったいどんな料理なのでしょうか?

「キーマカレーの下にあるペースト状のものがフムスといいます。これは中近東の家庭料理で、ひよこ豆と白ゴマのペーストを合わせたものです。さつまいもを加えることで“うまみ”と“甘み”がプラスされます。」
(実行委員長 石原健司さん)

さつまいもを使ったフムス

市村さんの感想は…

「さつまいもの甘みが強いですが、カレーのスパイシーさとコクも加わって、かなり濃厚です。また、さつまいものチップスと一緒に食べると、パリパリがたまりません。塩気もあっておいしいです。さつまいもは合いますね。」

さつまいものきんぴら

「さつまいものきんぴら」は、ごぼうとにんじんの代わりに、ほくほく系の「紅あずま」という品種のさつまいもを使っています。うまみを足すために豚肉を、てかりをだすために水あめも使いました。ご飯のおかずにあうそうです。

さつまいものオーツミルク粥

「さつまいものオーツミルク粥」はさつまいもとお米をオーツミルクやバターで炊いています。フランス料理にアイデアを得たということで、さつまいもの甘みとオーツミルクの甘みの相性が良く、意外に簡単に作れるそうです。

さつまいもの豚汁

「さつまいもの豚汁」には、江戸時代から続く浅草の味噌店の味噌を使っています。豚のうまみとみその塩気、そして、さつまいもの甘みが楽しめます。

こうしたさつまいも料理、今回のイベントのために和食、洋食、フレンチのシェフたちが考案したそうです。メニューのレシピは「さつまいも博」の公式SNSでも公開しています。

ぜひご家庭でも作ってみてください。

しゅと犬くんも「いい匂いだワン。はやく食べたいワン」とおなかをすかせた様子でした。

ページトップに戻る