ページの本文へ

  1. 首都圏ナビ
  2. 埼玉WEB特集
  3. 埼玉パナソニックワイルドナイツ 今シーズンの注目選手は?

埼玉パナソニックワイルドナイツ 今シーズンの注目選手は?

  • 2022年03月08日

1月から始まったラグビーのリーグワン。埼玉パナソニックワイルドナイツは、新型コロナウイルスの影響で開幕戦から2試合が不戦敗となりましたが、その後は6連勝と、第8節が終わった時点でプレーオフ圏内の3位につけています。
ワイルドナイツのこれまでの戦いぶり、そして、注目選手について、寄居町出身で渉外・広報担当の酒井教全さんに泉浩司アナウンサーが伺いました。

2月26日にホームの熊谷ラグビー場で迎えた東京サンゴリアス戦。これまで全勝のチームに逆転勝ちしました。勝敗はもちろんですが、内容もいい試合だったですよね。

そうですね。熱戦というか、激戦というか、一瞬たりとも目の離せない試合になりました。

これでコロナの影響で2試合の不戦敗のあと全勝が続いています。好調の要因どう見てますか。 

不戦敗になってしまった2試合を糧に、チームとしてもいろいろな面で一致団結することができているのかなと、私たちスタッフは感じています。選手に聞いてみると、完成度はまだまだということですが、チームの特徴であるディフェンスの良さがサンゴリアス戦でも見られたので、攻め込まれても慌てずにしっかり守り切ることができているのかなと思っています。

堅いディフェンスの特徴が出ていますよね。 

これからもっと精度が高くなってくると、失点がより少なくなってきて、より安定した試合になってくると思っています。

実は酒井さんはもともと選手だったんですよね。深谷高校では2年生のときに高校初の花園出場を果たされました。その後、同志社大学を経て、パナソニックワイルドナイツに入団。5年間在籍しましたが、2015年度に現役を引退して、渉外・広報担当としてスタッフ入りしました。

深谷高校初の花園出場、ご自身のラグビー人生の中ではどういうものですか。

当時の埼玉県は、正智深谷高校が破壊力の高いチームで、深谷高校はあと一歩のところで花園出場がかなわないという状況が続いていました。やはり、花園に出るのと出ないのとでは、全然違うということを、肌をもって感じることができました。皆さんに応援してもらったり、OBの方々の喜んでくれたりする顔を見ることができて、私の今までの人生の中でも、思い出深い、影響を与えてくれた出来事になっていると思います。

注目選手1:マリカ・コロインベテ選手

酒井さんは仕事柄、選手との関係が非常に近いんですよね。きょうはワイルドナイツの注目選手について語っていただきます。まず、どの選手を紹介していただけますか。

やはり、今、注目度が高いのはバックスのマリカ・コロインベテ選手ですね。オーストラリアでサイクロンという異名を持つ代表選手です。サイクロンという異名に負けないぐらい、激しい、パワフルなプレーが持ち味です。私も現役時代はウイングでプレーしていたんですが、もし試合でマッチアップするのが、コロインベテ選手だったら本当に嫌だなと思います。 

コロインベテ選手の普段の様子はいかがですか。

チームメイトや、家族、仲間を本当に大切にしていて、ことしの新加入選手なんですが、もともとずっと一緒にいるのかなというくらいチームに溶け込んでいますね。

コミュニケーションはどのようにとっているんですか。 

基本は英語になるかと思います。いろいろな選手が英語やボディランゲージで話しかけていますので、基本的にコミュニケーションに困っているようには見えないです。割と日本の文化も好きなようで、インタビューでも日本語を使ったりしています。本人は焼き肉が好きだと言っているようです。

相当、食べるんでしょうね。 

そうですね。ただスポーツ選手なので、ほどほどにしてもらえればなと私は思っています。

注目選手2:山沢拓也選手

続いての注目選手は誰でしょうか。

チームの本拠地、熊谷市出身の山沢拓也選手です。

山沢選手は、先日のサンゴリアス戦でも活躍しましたよね。

彼自身が、スタートでフルバックを務めたのは、もしかしたら初めてだったかもしれないんですが、彼の持ち味を存分に発揮してくれた試合になりました。

どんな特徴がありますか。

ます、プレーを見てすぐわかるのは、キックが長いということと、スピードですね。彼は足が速いので、先日の試合でも持ち味を発揮してくれたかなと思います。

キックが長いというのは?

彼はもともとサッカーをやっていたので、キック力があるんです。いろいろな種類のキックを蹴ることができますし、とても距離の稼げるキックを蹴りますね。

プレー以外では、どんな選手ですか。

本当に誠実な人柄で、とても紳士的な人間だなと感じます。私は実は年齢はかなり離れているんですが、深谷高校の後輩なんです。高校の先輩としても応援している選手ですね。

地元では有名だったんですか。

よく“10年に一度の逸材”という言葉が使われますが、彼が深谷高校に入学したときは、これまでの歴史を一瞬で塗り替えてしまうくらい、すごい才能を持った選手が入ってきたということで、すごく有名でしたね。

注目選手3:山沢京平選手

3人目に紹介していただけるのが、山沢拓也選手の弟、山沢京平選手ですね。

彼もお兄さんと似て、非凡というか、恐ろしい才能を持っている選手ですね。

ポジションはどこですか。

お兄さんと一緒で、スタンドオフ、フルバックというポジションもできるのですが、基本的には、バックスのなかで、どのポジションに入っても脅威になる選手だと思っています。

京平選手はまだ公式戦の出場機会はないですよね。

クラブに加入して1年目がようやく終わるところで、これからという部分はあるのですが、練習試合では、すさまじい才能を発揮しているので、今後の活躍が高く期待される選手だと思います。

今後のリーグ戦に向けて

勝負のポイントはどこにあると考えていますか。

最初に不戦敗を2試合してしまいましたので、これから先はすべての試合が決勝戦だと、そのくらいの緊張感を持った試合が続くと思います。今、どのチームも本当に強いですし、試合のほかにも、新型コロナウイルスの感染症との戦いもあるので、グラウンドの中でも外でも、一瞬も気の抜けないシーズンになると思います。

改めて、チームのどんなところを見てほしいですか。

ディフェンスの精度が持ち味のチームでもあるので、激しいタックルはもちろん、きれいに整備された、相手になかなかチャンスを与えない組織的なディフェンスに注目していただきたいと思います。あとは、コロインベテ選手や山沢選手のように個性あふれる選手がいるので、選手それぞれが持つ持ち味にも注目していただければなと思います。

最後に熊谷のラグビーファンにメッセージをお願いいたします。

私たちのチームは去年8月に熊谷市に移ってきました。熊谷市はもちろん、これまで応援してくださった太田市、大泉町の人たち、そして、全国のワイルドナイツファンの皆さんに引き続き、熱い応援をいただきたいと思っています。これからのリーグ戦を精一杯、戦っていきますので、よろしくお願いいたします。

キャスターからひと言

思わぬ形での連敗スタートとなりましたが、リーグ戦が進むにつれて、徐々に本来の実力を発揮しているワイルドナイツ。酒井さんとお話しして、来月からは選手の皆さんへのインタビューも番組で紹介していこうということになりました。こう、ご期待!

ページトップに戻る