かんたんごはん

  • 2024年5月13日

肉じゃが風あまから牛丼

キーワード:
肉じゃが風あまから牛丼

じゃがいもと牛丼を合わせた、食欲そそるどんぶりです。牛肉に薄力粉をまぶすことで自然にとろみがつきます。カレー粉を入れてカレー風味にしてもおすすめです。


料理研究家
高橋善郎さん

材料2人分

ごはん(温かいもの)

丼2杯分

牛切り落とし肉

150g

じゃがいも

1個(150g)

たまねぎ

1/2個(120g)

いんげん

50g

薄力粉

大さじ1

サラダ油

大さじ1

大さじ4

みりん

大さじ2

しょうゆ

大さじ2

砂糖

大さじ2

オイスターソース

小さじ2

にんにく(すりおろす)

小さじ1/2

温泉卵(市販)

2個

つくり方

1.材料の下ごしらえから。牛肉に薄力粉をまぶす。

薄力粉をまぶすことで調味料がよくからみ、自然にとろみがつく。

2.じゃがいもはよく水洗いをして芽を取り除く。皮つきのまま1cm角の棒状に切る。たまねぎは繊維を断ち切るように5mmから1cm幅に切る。いんげんは3~4等分の乱切りにする。

じゃがいもは一般的な肉じゃがの乱切りだと加熱に時間がかかるので、棒状に切ると火の通りが早くなる。

3.タレを作る。ボウルに水、みりん、しょうゆ、砂糖、オイスターソース、すりおろしのにんにくを入れ混ぜ合わせる。

タレにオイスターソースとにんにくを加えて、ごはんがすすむ味わいに!

4.熱したフライパンにサラダ油をひき、(2)のじゃがいもとたまねぎを入れ、中火で2~3分炒める。焼き色がついたら、(1)の牛肉、(2)のいんげんを入れ、牛肉をほぐしながら中火から強火で2分程炒める。

5.(4)の牛肉に軽く火が通ったら(3)のタレを加え、とろみがつくまで煮からめる。

6.器に盛った温かいごはんの上に(5)の具材をかけ、温泉卵をのせてできあがり。

あわせて読みたい

ページトップに戻る