かんたんごはん
  1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. かんたんごはん
  4. 干しえびと小松菜の甘辛おにぎり

干しえびと小松菜の甘辛おにぎり

  • 2023年12月21日
干しえびと小松菜の甘辛おにぎり

具材たっぷり!「おにぎりレシピ」。おにぎりをおいしく握るコツもご紹介します。小松菜の代わりにピーマンやいんげんでもOK!お好みでのりをつけても、おいしくいただけますよ。


管理栄養士 料理研究家
藤井恵さん

材料2~3個分

干しえび(小)
15g
きくらげ(乾)
4g
小松菜
100g
サラダ油
小さじ1/2
温かいごはん
200~250g
少々
砂糖
小さじ1/2
しょうゆ
小さじ1
  1. 1.小松菜は茎の部分に十字に切り目を入れ、よく水に浸してからふり洗いをし、土をよく落とす。葉の部分まで全て、小口から薄切りにする。

  2. 2.きくらげ(乾燥)はぬるま湯でもどし、よくもみ洗いし、細めの千切りにする。(石づきの部分にかたいものがある場合は取り除く)

    細く切ることでごはんとのなじみがよくなる。

  3. 3.フライパンにサラダ油を入れて熱し、強めの中火で小松菜を炒める。

    水っぽくならないように、小松菜の水分をとばすように炒める。

  4. 4.水けがしっかりと飛び、茎の部分もやわらかくなり、全体のかさが減ったら、(2)のきくらげを加えてひと炒めし、小松菜と一緒に炒め合わせる。全体が混ざったら砂糖、しょうゆを入れ、水分をとばすようにいる。

    水分をとばすようにいる。

  5. 5.ボウルに温かいごはん、(4)の炒めた具材、干しえびを入れて混ぜ合わせる。

    ごはんを切るようにして、しっかりと混ぜる。

    小さめの干しえびを使うことで、ごはんと混ざりやすくなる。

  6. 6.まな板の上にラップをしき、2~3等分にした(5)のごはんを1個分のせ、外側からラップで全体を包み、軽くふんわりとまとめる。

    握り方のコツは、ごはんのまわりをかためるだけにし、ふんわりと握る。

  7. 7.一度ラップの外側をはがし、塩少々をごはんの周りにふる。

  8. 8.再びラップで包み、おにぎりの中に空気を含ませるようにして、周りだけ優しく握ったら、出来上がり。

ページトップに戻る