かんたんごはん

  • 2023年10月6日

ポーク卵ほうれんそうおにぎり

キーワード:
ポーク卵ほうれんそうおにぎり

ボリュームたっぷりなおにぎりレシピ!握らずに、パタンと折るだけで簡単につくれます。ジューシーに焼いたポークと卵、ほうれんそうの相性が抜群の一品です。


料理研究家 
藤井恵さん

材料1個分

ポークランチョンミート

1枚

ほうれんそう

100g

サラダ油(ほうれんそう用)

少々

塩(ほうれんそう用)

少々

1個

サラダ油(卵焼き用)

少々

塩(卵焼き用)

少々

しょうゆ

小さじ1

焼きのり(全型)

1/2枚

温かいごはん

150~200g

みりん

小さじ1

塩(ごはん用)

少々

つくり方

1.ほうれんそうは根元を十字に切り目を入れ、水の中でふり洗いし、3~4cm長さに切る。

2.卵焼き用フライパン(普通のフライパンでも可)に湯(分量外・200ml)をわかし、塩とサラダ油を入れ、(1)のほうれん草の根元、葉の順に加える。時々上下を返しながらゆでる。全体がしんなりとして、根元がやわらかくなったらざるにあげ、しっかりと湯を押し切り、さましておく。

湯に油と塩を加えてゆでることで、時短に!

ざるにあげて、水けをよく切る。

3.ボウルに卵を入れてときほぐし、塩少々を入れる。同じフライパンにサラダ油を入れて中火で熱し、卵液を入れて焼く。上面が少し焼けたら半分に折って焼く。さらに裏返して焼く。生の部分があればさらに裏返して焼き、火をしっかりと通す。火が通ったら一度取り出す。

卵焼きを半分に折ることで、おさまりやすくする。

4.同じフライパンにポークランチョンミートを入れ、油はひかずに、両面に薄く焼き色がつくくらいまで焼く。弱火にし、しょうゆとみりんを加えてしっかりとからめる。器などに取りだす。 

しょうゆとみりんをいれると焦げやすいため、火加減に注意する。

5.まな板の上にラップをしき、その上にのりをのせ、塩少々をふる。全面にごはんを広げるようにしてのせ、手前側の半分の部分に、(2)のほうれんそうをのせる。その上に(3)の卵焼きをのせ、(4)のポークランチョンミートをのせたら、奥側の半分の部分(ごはんだけのっている部分)を、ラップごと、のりと一緒にパタンと半分に折り、形を整える。

力はあまり加えずに、パタンと折るだけ。

6.ラップで周りを包み、形を整えたら出来上がり。

おすすめレシピ

ページトップに戻る