かんたんごはん

  • 2021年10月19日

鶏レバーのにんにく酒蒸し

キーワード:
鶏レバーのにんにく酒蒸し

酒蒸しにすることで野菜のうま味が鶏レバーとからみ、味わい深いひと品です。鶏レバーと小松菜、トマトの組み合わせは栄養的にも相性抜群ですよ。


料理研究家・栄養士
浜田陽子さん

材料2人分

鶏レバー

150g

牛乳

適量

小松菜

80g

トマト

1個

にんにく

1かけ

米油

大さじ1

小さじ1/2

80ml

つくり方

1.鶏レバーは、食べやすい大きさに切り、臭みのもとになる血の塊を取り除いてから、牛乳に20分間ほど浸して臭みを抜き、ペーパータオルで水分を取る。

鶏レバーは、葉酸、鉄分、亜鉛などが豊富。貧血予防効果を期待できる。妊娠初期の人にもおすすめ。

2.小松菜は根元を除き3cm幅に切って、茎の部分と、葉の部分に分ける。

3.トマトは、へたを取って8等分のくし切りに、にんにくは薄切りにする。

小松菜のビタミンC、トマトのリコピンは、鶏レバーの栄養と相性抜群!抗酸化作用を高める。

4.フライパンに米油をひき、(3)のにんにくと(1)の鶏レバーを入れて、中火~強火で炒める。

米油がない場合はほかの植物油でもOK。

5.半分ほど火が通ったら、(2)の小松菜の茎の部分を加えてさらに炒め、塩で味つけをしてひと混ぜする。酒、(2)の小松菜の葉の部分、(3)のトマトを加えてふたをして、中火で3分ほど蒸したら、できあがり。

レバーは酒蒸しにするとやわらかくなり、うまみが凝縮される。

お好みで七味とうがらしを後がけすると、大人テイストに。

おすすめレシピ

ページトップに戻る