かんたんごはん
  1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. かんたんごはん
  4. 防災レシピ:親子丼風&麩と切り干し大根のさっと煮

防災レシピ:親子丼風&麩と切り干し大根のさっと煮

  • 2021年4月19日
防災レシピ:親子丼風&麩と切り干し大根のさっと煮

災害時の避難先で、温かいおかずが食べたいときにぴったりの防災レシピ2品です。鍋で温めるときに一緒に野菜や卵を入れておくと、もう一品できます♪


料理家
山脇りこさん

材料 つくりやすい分量

<親子丼風>

ツナ(油漬け)
1缶(140g)
ねぎ
1本
2個
しょうゆ
大さじ1
砂糖
大さじ1/2
大さじ1
適量

<麩(ふ)と切り干し大根のさっと煮>

麩(1.5cm幅の輪切りタイプ)
4個
切り干し大根(乾)
5g
2個
しょうゆ
大さじ1
砂糖
小さじ1
ひとつまみ

 

<親子丼風>

  1. 1.ツナ缶の油を軽く切る。

  2. 2.ねぎは、はさみで1cmほどの小口切りにする。

  3. 3.ポリ袋にしょうゆ、酒(なければ水でも可)、砂糖を入れて、軽くもむ。

    耐熱用のポリ袋を使う。

  4. 4.(3)に(1)のツナ、ねぎ、割り溶いた卵も加えて、やさしくもむ。

  5. 5.(4)の袋の口をゆるく結ぶ。

  6. 6.なべ底に皿を1枚敷き、2つの袋(「麩と切り干し大根のさっと煮」と「親子丼風」)を入れる。

    袋が鍋に直接つくと、破ける原因になる。また沸いてくると下からの対流で安定しないので、皿を敷くことで安定する。また皿の代わりに、耐熱ボウルなどでも、鍋に入れば可。

  7. 7.(5)の袋が半分隠れる程度に水をそそぐ。

  8. 8.中火で15分ほどゆでる。卵に火が通っていれば完成。

 

<麩と切り干し大根のさっと煮>

  1. 1.麩、切り干し大根、水(分量外:適量)を袋に入れて、10分ほどおいて戻す。

    避難先などで袋がない場合は、清涼飲料水などの容器の上部を切り取り、ボウルとして使うこともできる。

  2. 2.(1)の水けを絞る。

  3. 3.ポリ袋にしょうゆ・砂糖・塩を入れて、混ざるようにもむ。

    耐熱用のポリ袋を使う。砂糖の量は好みで加減。

  4. 4.(3)のポリ袋に(2)の麩をちぎりながらいれる。さらに(2)の切り干し大根、割り溶いた卵を加える。

  5. 5.(4)を全体がなじむように軽くもみ、ゆるく結ぶ。

    蒸気の逃げ道を作っておく。しっかり結ぶと破裂する恐れがあるので気をつける。

  6. 6.鍋で温める(以下、「親子丼風の手順(6)からと同様」)

ページトップに戻る