かんたんごはん

  • 2021年4月9日

防災レシピ:ゆで卵と鮭のからしマヨあえ&サバみそ

キーワード:
防災レシピ:ゆで卵と鮭のからしマヨあえ&サバみそ

材料を耐熱性のポリ袋に入れてゆでるだけ!魚を使った防災レシピです。停電した際には、冷凍庫や冷蔵庫にある魚を早くゆでることで、劣化を防ぐことができます。


料理家
山脇りこさん

材料 つくりやすい分量

<サバみそ>

サバ(水煮)

1缶

みそ

大さじ1

砂糖

大さじ1/2

大さじ1/2

適量

<ゆで卵と鮭(さけ)のからしマヨあえ>

塩ざけ(切り身)

2切れ

マヨネーズ

大さじ2

からし(チューブ)

1.5センチ

1個

大さじ1

つくり方

 

<サバみそ>

1.みそ、酒(なければ水でも可)、砂糖をポリ袋(耐熱性)に入れ、よくもみ合わせる。

甘いのが苦手な方は、砂糖を減らす。

2.サバ缶は汁けを切り、(1)の袋にいれて、ゆるく結ぶ。

3.次に紹介する「ゆで卵と鮭のからしマヨあえ」の袋と一緒にゆでる。

 

<ゆで卵と鮭のからしマヨあえ>

1.塩ざけ(冷凍でも可)は、ポリ袋(耐熱性)に入れる。

缶詰を使う場合は、汁けを切って使う。

2.(1)に塩ざけがかぶるくらいの水(分量外:適量)と酢を入れてゆるく結ぶ。

3.なべ底に皿を敷く。

袋が直接なべ底につくと、破ける原因になる。皿の代わりに、耐熱ボウルなどでも、鍋に入ればOK。

4.(3)の上に2つの袋(「ゆで卵と鮭のからしマヨあえ」と「サバみそ」)、卵を入れる。

5.中火で10~12分ゆでる。

6.(2)のゆで汁をしっかり切り、塩ざけの水けをふきとる。

ゆで汁は、臭みが出ているので捨てる。このまま鮭をごまとあえてフレークにしてもおいしい。

7.ボウルに、(6)の鮭と(5)でゆでた卵の殻をむいていれ、ざっくりほぐす。

8.(7)にマヨネーズ、からしを加えてあえる。

多めにつくっておき、保存も可能。パンにも、ごはんにも合う。

おすすめレシピ

ページトップに戻る