かんたんごはん

  • 2020年10月13日

ぶどうとエビのヤム

キーワード:
ぶどうとエビのヤム

ぶどうとエビを使うタイ風のぴりっとスパイシーで、色どり鮮やかなサラダです。エビの代わりにゆでた肉やステーキなどもよく合います。


シェフ・レストランプロデューサー
森枝幹さん

材料2人分

ぶどう

16粒

赤たまねぎ

1/6個

冷凍エビ
(下ゆでしたもの)

8匹

干しエビ

3g

サラダ油

適量

ミント

3g

<合わせ調味液>

ナムプラー

小さじ3

米酢

小さじ2

砂糖

小さじ2

粉とうがらし

小さじ1/2

つくり方

1.ぶどうは枝から外してよく洗い、水けをきり、食べやすいよう横半分に切る。

ぶどうは皮ごと食べられて、種が入っていないものを選ぶ。少しかためで酸味が強いものがおすすめ。

2.赤たまねぎは皮をむき、繊維に沿って薄切りにする。水にさらして、ざるにあげ、水けをきる。

赤たまねぎは水にさらすことで辛みが抜け、食感がシャキッとして食べやすくなる。

3.フライパンに油を多めにひき、強めの中火にかける。干しエビを入れ、茶色くなるまで揚げる。

いきなり高温の油に入れると干しエビが焦げてしまうので、油が温まらないうちから入れて揚げるのがポイント。

干しエビは揚げることで香ばしく、さくっとした食感になる。

さくっと揚げた干しエビ、シャキシャキしたたまねぎなど様々な食感の組み合わせが楽しめる。

4.合わせ調味液を作る。ボウルにナムプラー・米酢・砂糖・粉とうがらしを入れ、よく混ぜる。

5.(4)に、(1)のぶどう、(2)の赤たまねぎ、(3)の干しエビ、下ゆでした冷凍エビを入れ、よくあえる。

ヤムとはタイ語で混ぜ合わせることを意味する。

6.皿に(5)を盛り、ミントの葉を散らして完成。

おすすめレシピ

ページトップに戻る