ページトップへ

レシピ詳細

2019年6月5日 トマトでこねるイタリア風もちもちパン

2019年6月5日

トマトでこねるイタリア風もちもちパン

低温長時間発酵おうちパン

パン・料理研究家 吉永麻衣子さん

材料1個分
強力粉 180g
インスタントドライイースト 2g
3g
トマトの水煮(缶詰) 1/2缶(190g)
水(調整用) 20ml
プロセスチーズ(7ミリ角に切る) 30g
枝豆(下ゆでしたむき身) 30g
オリーブ油 大さじ1
岩塩 適量
つくり方
  • 800mlサイズの保存容器に、強力粉、インスタントドライイースト、塩を入れ、全体をスプーンでかき混ぜる。トマトの水煮(缶詰)を分量の8割ほど入れてよく混ぜる。粉っぽいところに残りの分量を加え、粉っぽさが残るようなら水を加えてさらに混ぜる。
    <Point>水は、生地の状態によって加減すること。
  • 枝豆とプロセスチーズを加えて、具が生地の中に隠れるように折りたたみ、表面を平らにする。
  • ふたをして、冷蔵庫にいれ、8時間置く。
    <Point>「低温長時間発酵」=5℃以上7℃未満の冷蔵庫で8時間以上かけてゆっくりと発酵させる。水分を多く含むのでもちもちとした食感に。
  • 1.5~2倍ほどに膨らんだらふたをあけて打ち粉(強力粉※分量外)をふるう。ドレッジ・カードなどで(ゴムベラ等でも可)生地を取り出しやすいように、四方をはずす。広げたアルミシート(フライパン用ホイルが良い。普通のアルミシートの場合は表面に薄く油またはバターをぬる)の上に、容器を逆さまにして置き、生地が下に落ちるまで待つ。
  • 生地を三つ折りにして形を整え、オリーブ油をつけた指で、15か所ほど穴を開け、残りのオリーブ油を上部全体にかけ、岩塩を振る。
  • オーブントースター(1200W)で20分間焼く。上部に焼き目がついてきたら、アルミシートをかぶせ、さらに焼く。
    <Point>オーブンの場合は200℃に予熱し25分間。
  • 焼きあがったら粗熱を取り、好みの大きさに切り分けて、できあがり。
こちらもおすすめ!パンといっしょにイタリアンディッシュ
豆腐のニョッキのトマトスープ
帆立て貝柱のクリーム煮
豚肉ときのこのソテー