かんたんごはん

  • 2019年6月3日

たらのレモン揚げだし

キーワード:
たらのレモン揚げだし

たらは火が通りやすいので、少量の油で揚げることができます。


料理研究家・栄養士
浜田陽子さん

材料2人分

たら(切り身)

200g(2切れ)

塩・こしょう

少々

かたくり粉

大さじ1

揚げ油(サラダ油など)

適量

大根おろし

1/4本分

貝割れ菜(お好みで)

少々

七味とうがらし(お好みで)

少々

<たれ>

めんつゆ(2倍濃縮)

100ml

100ml

レモン

1/2個

つくり方

1.たらの下ごしらえをする。切り身を食べやすい大きさに切る。塩、こしょうで下味をつけ、かたくり粉をよくまぶす。

たらは低脂肪低カロリー。ウェイトコントロールしている人や、運動をしている人に、特におすすめの食材。

2.たれを作る。なべにめんつゆと、同量の水を入れ、レモンの輪切りを4枚ほど入れて、レモンの端の部分は果汁をしぼって加える。

たれにレモンを入れると、味に深みがでる。

3.(2)を強火にかけ、煮立ったら弱めの中火にして、さらに2分間煮る。

4.たらを揚げ焼きにする。鍋に揚げ油を1~2センチほど入れ180℃になったら(1)を入れて、表面がからっとするまで揚げ、バットに移す。

たらは、火が通りやすいので、少量の油でOK。

5.盛り付ける。(4)の上に大根おろしをのせ、(3)のたれをレモンごとかけ、お好みで、貝割れ菜と七味とうがらしを散らして、できあがり。

大根おろしは水分に栄養が出ているので、しぼりすぎない。

おすすめレシピ

ページトップに戻る