1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. おはよう日本 関東甲信越
  4. コロナ禍でニンニクが大人気!? においを気にせず健康に!

コロナ禍でニンニクが大人気!? においを気にせず健康に!

  • 2021年4月20日

人気の食材のニンニクですが、じつは、コロナ禍で売り上げがさらに伸びているそうなんです。職場でも学校でも、人と話すときはマスクを着けることが当たり前になった今だからこそ、ニンニクの健康パワーを心おきなくいただきましょう!

ニンニク需要増!

食欲をそそる香りと、ガツンとくる味でさまざまな料理との相性がいいニンニク。

コロナ禍での販売個数は、前年比の117%を記録しました。

大手中華料理チェーン店でも、3月からニンニクの量を2倍にした餃子を販売。

都内では、ニンニクのメニューを扱うお店が続々と増えているんです。

会社員
「(仕事で)人と会うので、前は、餃子はにおいがするので遠ざけていましたね」
母娘
「マスクしてるし、距離もあるから、よけい気にしなくなっちゃったかもしれない」

都内のニンニク専門店では、コロナ禍で自炊する機会が増えたことで、にんにくを使った調味料の売り上げが倍増しています。

ニンニク専門店 代表
「“簡単にお料理できる、封をあけてすぐに食べられるもの”ありませんかという問い合わせがすごく多いですね」

ニンニクが食べたい! そのわけは…

コロナ禍で、なぜ人はここまでニンニクを欲してしまうのか。

ニンニクが健康に及ぼす効果を研究しておよそ10年になる医師の篠浦伸禎さんに伺いました。

都立駒込病院 脳神経外科部長 篠浦伸禎医師
「人間は、血流が落ちると後ろ向きになるんですよ。ニンニクには血液をサラサラにする効果がある。疲れている、調子が悪い、コロナで外にもなかなか出られずストレスを感じる。そんなとき『元気になりたい』と、自然と体がニンニクを欲するのでは」

ニンニクパワーのカギは “アリシン”

そのカギとなるのが、ニンニクを潰したり切ったりしたときに生まれるにおいの主成分、アリシンです。

アリシンには、さらなる効果も期待できます。

篠浦伸禎医師
「(アリシンには)ウイルスや細菌を、直接殺菌する効果がある。免疫力を高めてくれることで、間接的にコロナウイルスをやっつける」

しかし、アリシンは2時間をピークに分解されてしまいます。このアリシンの効果を簡単に、しかも効率よくとる方法としておすすめなのが「ニンニク油」。
アリシンを油に入れることでより安定し、体に吸収されやすい成分「アホエン」に変化させることができるのです。

●ニンニク油の作り方
<材料>
・ニンニク…3かけ
・オリーブオイル…150ml
※オリーブオイルはエクストラバージンオイルがおすすめです。

<作り方>
(1)ニンニクをすりおろし、2時間ほど置く。
(2)時間のたったニンニクをオリーブオイルに漬け、室温で1週間保管。
(3)茶こしでニンニクをこせば、できあがり。

※冷暗所で保管すれば、1か月ほど使用することができます。

※ニンニク油に含まれるアホエンという成分は80℃以上になると壊れてしまうため、サラダやパンなどにかけてそのまま食べるのがおすすめです。

※畑から取ったばかりの生のにんにくにはボツリヌス菌の危険があります。
土をよく洗い落とし、1週間くらい乾燥した暗いところにおいて、乾燥させれば問題ありません。市販のものはおそらく乾燥させてありますが、心配であれば1週間おいて乾燥させてください。


篠浦先生が推奨する摂取量は、1日大さじ1/2~1杯程度。
サラダやトーストはもちろん、納豆や豆腐にも、いつもの食事にちょい足しすれば手軽に取り入れることができます。

篠浦伸禎医師
「ニンニク油は、基本的に、生活習慣病の予防・改善に役立つんですよ。簡単に作れる、長持ちする、毎日とるには、やっぱりニンニク油がいちばん楽」

このニンニク油、夜食べてもいいんです。血液がサラサラになることでリラックス効果も生まれ、ぐっすり眠れるそうなので、朝も夜もおすすめです。

ぜひお試しください。

ページトップに戻る