1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. おはよう日本 関東甲信越
  4. 福島 請戸が誇る“常磐もの”シラウオ ウエカツ流の食べて応援!

福島 請戸が誇る“常磐もの”シラウオ ウエカツ流の食べて応援!

  • 2021年3月9日

キラキラと光る「シラウオ」。福島県浪江町の請戸漁港で水揚げされたばかりです。去年、再開された請戸漁港では実に10年ぶりとなるシラウオの水揚げが始まっています。福島に春を告げるシラウオ、おいしく食べてください!

“常磐もの”シラウオの水揚げ

待ちに待った浪江町・請戸漁港での水揚げ。
近海で獲れるシラウオは、黒潮と親潮が交わる栄養豊富な海で育ち、昔から「常磐もの」と言われ、市場で高値で取り引きされてきました。

この時期に旬を迎えるため、地元では「春告魚(はるつげうお)」と呼ばれています。そのまま生姜じょうゆで食べたり、すまし汁に入れて食べたりするのが定番です。

このシラウオを紹介してくれるのは…

魚料理でおなじみ、ウエカツさんこと、上田勝彦さん。
原発事故の影響でまだ試験操業が続く浪江町の漁業を応援しようと、2年前から東京工業大学と復興事業に携わってきました。

くらしりでも去年の秋、請戸でとれた魚を地元の子どもたちに受け継いでもらうプロジェクト「なみえの台所」に密着しました。

子どもたちに“請戸の魚”伝えたい

その第2弾。
今回の主役は、子どもたちに食材の良さを伝えたい学校の先生たちです。

10年ぶりのシラウオの水揚げ。先生たちの思いは…

「“常磐もの”が帰ってきた!」
「避難して、いろいろな所に行っているのですが、シラウオってなかなか手に入らない。地元の港でとれた魚を食べられたのは、うれしい」

シラウオのアヒージョ

まずウエカツさんが提案するのは…
『シラウオのアヒージョ』です!!
シンプルな味付けで、シラウオの味を引き出します。

シラウオのアヒージョ

<材料>

  • ・シラウオ
  • ・にんにく
  • ・塩
  • ・粗挽きこしょう
  • ・たかのつめ
  • ・レモン
  • ・長ねぎ(青い部分)
  • ・オリーブオイル
  •  

<作り方>

  1. シラウオをやや塩辛いくらいの塩水で洗っておく
    ※海水ほど塩辛い水に入れると、シラウオが脱水して味が落ちてしまうのでご注意ください。
  2. フライパンにオリーブオイルを熱し、みじん切りにしたにんにくを入れる
  3. にんにくが色づいてきたら、シラウオを入れる
  4. 塩・こしょう・たかのつめを入れる
  5. 1/4程(お好みの量)のレモンをしぼる
  6. 長ねぎの青い部分を細く刻んで入れたら完成

★(3)から(6)までにかかる時間は1分ほどが目安です。

※シラウオは身が柔らかく繊細な魚です。
加熱しすぎると身が崩れたりシラウオの味が外に出てしまうため、短時間で調理するのがポイントです!

ウエカツ)「仕上げに酸味が入ることで、だしと塩味がキリッっと立つ」

「レモンが意外といい感じでした!」

シラウオのかき揚げ

続いては定番のかき揚げ!
身の柔らかいシラウオ、揚げ方にコツがあるんです。

シラウオのかき揚げ

<材料>

  • ・シラウオ
  • ・みつばの茎 または せり
  • ・薄力粉
  • ・水
  • ・油(揚げる用)
  •  

<作り方>

  1. シラウオをボールに入れ、全体に薄力粉をまぶす
  2. みつばの茎を2cm間隔に刻み、(1)と合わせる
  3. 薄力粉に水を入れて天ぷら粉を作り、(2)と混ぜる
    ここで取り出したのが…しゃもじ! 
  4. (3)をしゃもじの上に少しずつとり、形を作る
    ※カリッと仕上げるコツは、シラウオが重ならないように薄くのばして揚げることです。
  5. 途中で天ぷらの真ん中に穴を開け、油の熱が均等に入るようにする
  6. 天ぷらを揚げる音が小さくなり、こんがり色づいたら完成
「おいしい~!!」

 

「春の味がします♪」

「なみえの台所」は 魚の数だけ続く!

ウエカツさん
「若い世代にも味わってもらえるような、ちょっとしゃれっ気のあるような、新しい請戸のシラウオの食べ方になったら…。『なみえの台所』はこれからも、魚の種類の数だけ続く!」

コロナが終息したら、ウエカツさんが浪江町に行って、子どもたちにまた魚の料理を教えたいと言っていました。

まだ請戸漁港では、原発事故の影響で試験操業が続いていますが、今年はシラウオが豊漁だそうです。
地元の水産会社では地方発送も行っているそうです。

 

番組では紹介しきれなかった料理

◆シラウオのすまし汁

<材料>

  • ・シラウオ
  • ・昆布
  • ・たまご
  • ・長ねぎ
  • ・塩
  • ・うす口しょうゆ
  • ・みつば
  •  

<作り方>

  1. 多めの昆布でだしを取る
  2. 昆布を取り出し、シラウオとスライスした長ねぎを入れ、煮立たせる
  3. 長ねぎがしなっとなったところで、溶きたまごを数回に分けて入れていく
  4. 塩とうす口しょうゆで味を調え、みつばを添えて完成
ページトップに戻る