1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. もっとニュース
  4. 群馬県 緊急事態宣言解除飲食店など時短要請すべて解除

群馬県 緊急事態宣言解除飲食店など時短要請すべて解除

  • 2021年10月8日

群馬県は、県内全域で酒を提供する飲食店などに対する営業時間の短縮要請を8日解除しましたが、東京や神奈川など感染者が比較的多い10の都府県との往来などは慎重に判断するよう求めています。

営業時間の短縮要請解除

群馬県は県内全域の接待を伴う飲食店、酒を提供する飲食店、そして、カラオケ店に対する営業時間を午後8時までに短縮する要請を8日から解除しました。また、午後7時までとしていた酒の提供も終日可能となりました。

県独自の警戒度を県内全域で最も高い「4」から「3」に引き下げました。
これにより、不要不急の外出の自粛要請は解除しますが、引き続き人が多く集まるなどリスクが高い場所への外出の自粛や、感染者が比較的多い茨城、栃木、埼玉、千葉、東京、神奈川、岐阜、大阪、兵庫、沖縄の10の都府県との往来は慎重に判断するよう求めます。また、高齢者や基礎疾患がある人の外出の自粛や病院や高齢者施設での面会の禁止も求めます。

イベント 引き続き最大1万人に制限

イベントについては、これまでと変わらず最大で1万人に制限します。開催時間の制限はありません。
県立学校の対応もこれまでと変わらず通常登校を継続します。部活動の対外試合は県内に限りできますが、宿泊を伴う活動は自粛します。全国大会などは感染防止対策をしたうえ、参加や宿泊をすることができます。

群馬県 山本知事
「およそ2か月にわたり続いた不要不急の外出自粛の要請と営業時間の短縮要請をようやく解除することができた。今後は疲弊した地域経済の立て直しに向けて、一歩ずつ前に進めていきたい」

ページトップに戻る