もっとニュース

  • 2023年12月28日

コロナ定点把握感染者数の前週比 東京 神奈川 埼玉 千葉~12月24日

キーワード:

【12月17日~12月24日】 
新型コロナの定点把握による感染者数について、12月24日までの1週間の状況です。関東地方の東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の1都3県では、引き続き前の週よりも増加しています。感染状況や推移を図表でまとめました。(発表時点の感染者数です)

東京都 前週比1.21倍

東京都内の感染症について、都は、12月24日までの1週間の1医療機関あたりの感染者数を公表しました。このうち新型コロナは3.13人と前の週の1.21倍となり、5週連続で増加しました。

都はこまめな手洗いや、せきやくしゃみが出る場合はマスクをするなどの感染対策を呼びかけています。

神奈川県 6週連続で増加

神奈川県は12月24日までの1週間の新型コロナウイルスの定点把握による感染状況を公表しました。県によりますと、県内の358の医療機関から1030人の新規感染者の報告があり、1医療機関あたりの平均は2.88人で、6週連続で増加しました。

埼玉県 前週比10%増加

埼玉県内の感染症について、県は27日、12月24日までの1週間の1医療機関あたりの感染者数を公表しました。このうち、新型コロナは4.61人で前の週より10%増えて5週連続で増加しています。

埼玉県は、手洗いや咳エチケットなどの基本的な感染対策とともに、寒い時期ではあるものの、換気を行うよう呼びかけています。

千葉県 前週比13%増加

千葉県は、新型コロナウイルスの「定点把握」による感染状況を発表しました。12月24日までの1週間の1医療機関あたりの新たな感染者数は4.73人で前の週の4.18人と比べて13%増加しました。 年代別では50代が最も多く、次いで40代、20代などとなっています。

(千葉県は先週の段階では12月17日までの感染者数を4.20人と発表していました)

あわせて読みたい

ページトップに戻る