首都圏ネットワーク

  • 2023年11月6日

インフルエンザ(2023ー24) 埼玉が警報レベル 千葉 神奈川 東京 茨城 群馬 栃木が注意報レベル

キーワード:

インフルエンザの流行が続いています。 
10月29日までの1週間に全国の医療機関から報告されたインフルエンザの患者数は1医療機関あたりで19.68人で前の週から増加しました。

関東地方では、埼玉県が33.08人と「警報レベル」とされる30人を超えたほか、千葉県が29.25人、神奈川県22.80人、東京都19.91人、茨城県19.49人、群馬県16.39人、栃木県14.66人と「注意報レベル」の10人を超えています。

東京都の保健所別の感染状況もまとめています。

インフルエンザ流行続く

国立感染症研究所などによりますと、10月29日までの1週間に全国およそ5000か所の医療機関から報告されたインフルエンザの患者数は、9万7292人で、1医療機関あたりでは前の週から3.3人増え、19.68人となりました。

このデータを元に推計されるこの1週間の全国の患者数は前の週から13万人多いおよそ67万4000人となっていて、ことし9月4日以降の累積の患者数はおよそ291万5000人と推計されています。

地域ごとでは、愛媛県が51.46人、埼玉県が33.08人と2つの県で「警報レベル」とされる30人を超えたほか、山梨県が29.56人、千葉県が29.25人、福島県が28.93人、愛知県が26.35人など40の都道府県で、「注意報レベル」の10人を超えました。

東京都と千葉県、沖縄県を除くすべての都道府県で前の週より患者の数が増加しています。

また、年齢別では患者全体の6割が14歳以下の子どもだということです。

「警報レベル」とされる30人を超えた地域(関東地方) 
▼埼玉県33.08人

「注意報レベル」の10人を超えた地域(関東地方) 
▼千葉県が29.25人 ▼神奈川県22.80人 
▼東京都19.91人 ▼茨城県19.49人 
▼群馬県16.39人 ▼栃木県14.66人

専門家

感染症に詳しい東邦大学の舘田一博教授は、インフルエンザの流行状況について「全国的に増加傾向がみられ、警報レベルを超えたり、その水準に近づいたりしている地域が増えている。中には愛媛県のように、例年のピークと同じ程度の数の患者が報告された地域もあり、流行が前倒しで起きている状況が明らかになってきた。また、通常のシーズンのようにここから年明けにかけてさらに患者が増え、大きな波を作る可能性もあるので今後の患者の増え方により注意し、その兆候を捉える必要がある」と話していました。

今後の注意点について「感染を広げないためマスクや手指消毒、それに換気の徹底など、これまでの感染対策を継続してもらうこと、かぜのような症状が出たら、インフルエンザやコロナの可能性を疑って、できるだけ外出を控えて、早めに医療機関を受診することが大事だ。また、インフルエンザのワクチンも接種を希望する人は早めに接種してほしい」と話していました。

東京都 保健所別の感染状況

東京都感染症情報センターが公表している保健所別の感染状況です。

保健所別 
▼八王子市36.50人 ▼北区35.55人 
▼多摩府中30.76人 ▼多摩小平30.09人 
▼荒川区27.14人 ▼文京26.29人 
▼江戸川25.47人 ▼中野区21.60人 
▼葛飾区19.85人 ▼練馬区19.71人 
▼板橋区19.44人 ▼多摩立川19.38人 
▼大田区19.05人 ▼世田谷17.75人 
▼墨田区17.00人 ▼みなと16.11人 
▼台東16.00人 ▼足立16.00人 
▼南多摩15.64人 ▼目黒区15.13人 
▼品川区14.33人 ▼杉並13.41人 
▼町田市13.08人 ▼江東区12.79人 
▼池袋12.38人 ▼渋谷区10.29人 
▼中央区9.20人 ▼西多摩8.50人 
▼新宿区8.45人 ▼千代田8.25人 
▼島しょ1.50人

あわせて読みたい

ページトップに戻る