もっとニュース

  • 2023年9月28日

ラグビーW杯 サモア戦前に横浜で子供たち勝利期待 東京でも応援グッズ買い求めるファン

キーワード:

ラグビーワールドカップ、日本時間の29日、1次リーグ第3戦のサモア戦を控える日本代表。1次リーグ突破を左右する大一番を前に、ラグビーをしている子どもたちの間でも、サモア戦に向けて熱が高まっています

また、都内にある日本代表のオフィシャルストアでは多くのファンが応援グッズを買い求めています。

サモア戦 1次リーグ突破の行方を左右する重要な一戦

ラグビーワールドカップフランス大会、1次リーグに臨んでいる日本代表は、日本時間の29日午前4時からサモアと対戦します。

日本にとって1次リーグ突破の行方を左右する重要な一戦となります。

日本が入った1次リーグのプールDは、イングランドが3連勝で決勝トーナメント進出に向け大きく前進していて、日本とサモア、それにアルゼンチンが1勝1敗と混戦になっています。

勝利を期待する子どもたち

大一番を前に、ラグビーをしている子どもたちの間でも、サモア戦に向けて熱が高まっています。

横浜市の横浜国立大学のキャンパスで、NPOが運営しているラグビー教室では、前回2019年に日本で開かれたワールドカップをきっかけに、ラグビーをしたいという子どもが増え、キャンセル待ちも起きています。

27日は小学1年生から中学3年生までおよそ40人が、練習していましたが、憧れの日本代表の勝利に期待を寄せていました。

中学3年生の男子生徒 
「苦しい戦いになるかもしれませんが、日本はどんどん強くなっているので、勝てると思います」

フランスで日本対イングランドの試合を観戦したという小学6年生の男子児童 
「世界の舞台は選手たちの気合いと迫力がすごかったです。スピーディな攻撃でサモアのディフェンスを崩してほしいです」

ワイナスラグビーアカデミーの狩野太志コーチ 
「日本代表には、子どもたちがわくわくするようなプレーを見せて、憧れの存在になってほしい」

応援グッズ買い求めるファン

また、都内にある日本代表のオフィシャルストアでは多くのファンが応援グッズを買い求めています。

東京・千代田区の書店、「丸善丸の内本店」には、9月5日からラグビー日本代表のオフィシャルストアが設置され、およそ700種類の公式グッズを取り扱っています。

27日の夕方も大勢のファンが店を訪れ、日本代表のレプリカのユニフォームや選手の名前が入ったタオルなどの応援グッズを次々と買い求めていました。

店によりますと、キャプテンの姫野和樹選手やベテランのリーチマイケル選手の関連商品などが特に人気で、入荷してもすぐに売り切れてしまうということです。

会社帰りに訪れたという50代の女性 
「本を買いに来たらラグビーコーナーがあり、ワールドカップも見ているので立ち寄りました。前回の大会の結果が良かったので、今回も期待しています」

アルゼンチン戦をフランスで観戦予定だという50代の女性 
「前大会の2019年からラグビーにはまっています。スクラムが格好よく、選手がぶつかりあうときの音がたまりません。サモア戦ではとにかく点をいっぱい取って勝ち点をあげてほしいです」

ラグビーのオフィシャルストア担当 丸善丸の内本店 中嶋靖さん 
「ラグビーというと男性のイメージが強かったですが、若い女性や子ども連れなどの購入客もとても多くなっていて国民的スポーツになっていると感じています。予選リーグを突破してもらい、ベスト4以上、できれば優勝を目指してがんばってほしい」

あわせて読みたい

ページトップに戻る