首都圏ネットワーク

  • 2023年8月14日

【詳細】高校野球 西東京 日大三高 佐賀 鳥栖工業 甲子園2回戦 試合経過や結果は

キーワード:

【詳報】夏の全国高校野球、2年連続19回目の夏の甲子園出場となる西東京の日大三高(町田市)は、大会9日目の第1試合で佐賀県の鳥栖工業(鳥栖市)と対戦し、3-1で鳥栖工業を破り、3回戦に進みました。イニングごとの詳細をまとめました。

日大三高 2回戦で鳥栖工業と対戦

夏の全国高校野球の大会9日目第1試合、西東京の日大三高は、春夏通じて初出場の佐賀県の鳥栖工業と対戦しました。 
日大三高は1回戦でエースの安田虎汰郎投手が130キロ台のストレートに落差のあるチェンジアップを織り交ぜ、相手をヒット2本に抑え、完封勝利を挙げています。 
対する春夏通じて初出場の鳥栖工業は1回戦でエースの古澤蓮投手と1年生の松延響投手の継投で相手を2点に抑え、延長タイブレークを制しました。

1回戦で力を見せた投手陣をそれぞれの打線がどれだけ援護できるか。試合は緊迫した展開となりました。イニングごとの詳細です。

1回 初回から1点を取り合う

〇1回表 鳥栖工業の攻撃

日大三高の先発は左腕の谷亀。

2アウトから3番にセンター前に運ばれます。2アウトランナー1塁。ここでランナーが盗塁成功し2アウトランナー2塁に。 
4番打者がレフト前にタイムリーヒット。先制点を許す。 
さらにファーボールで2アウトランナー1、2塁とされますが後続を断ち3アウト。 

〇1回ウラ 日大三高の攻撃

鳥栖工業の先発はエースの古澤。

1番古賀ファーボールでノーアウトランナー1塁。2番池内が送りバント1アウトランナー2塁とします。 
3番二宮レフトへタイムリーツーベースで同点。1アウトランナー2塁。 
4番針金ライトフライで2アウトランナー2塁。5番佐々木内野ゴロで3アウト。

2回 日大三高は継投

〇2回表 鳥栖工業の攻撃 
初回に1点を失った先発の谷亀。先頭打者を空振り三振。1アウト。次の8番打者にはライト前に運ばれます。 
1アウトランナー1塁。9番打者は送りバントで2アウトランナー2塁へ。さらにファーボルで2アウトランナー1,2塁。 
ここでエースの安田に交代。安田は2番打者を外野フライに打ち取り、ピンチを切り抜けました。

〇2回ウラ 日大三高の攻撃 
6番岡村はファーボールで出塁。ノーアウトランナー1塁。7番大賀は送りバント失敗。1アウトランナー1塁。8番森山は空振り三振。2アウトランナー1塁。9番安田は内野ゴロで3アウト。

3回 ランナーを出すも得点ならず

〇3回表 鳥栖工業の攻撃 
この回の先頭を打ち取った安田。続く4番打者を内野のエラーで出塁許す。その後、2アウトランナー2塁から6番打者にレフト前にヒット許し、2アウトランナー1、3塁に。 
1塁ランナーが2塁へ盗塁し2アウトランナー2、3塁となりましたが、7番打者を内野ゴロに打ち取り、安田踏ん張る。

〇3回ウラ 日大三高の攻撃 
1番古賀は見逃しの三振。2番池内は内野フライ。2アウトランナーなしから3番二宮ライト前に運びます。2アウトランナー1塁。4番針金、見逃しの三振。

4回 日大三高 満塁の好機いかせず

〇4回表 鳥栖工業の攻撃 
前の回ピンチを切り抜けた安田。先頭の8番打者を空振りの三振。続く9番打者はセーフティーバントもアウト。さらに1番打者を内野ゴロに打ち取り、3者凡退に抑えました。

〇4回ウラ 日大三高の攻撃 
この回、先頭の5番佐々木、内野ゴロ。1アウトランナーなしから6番岡村がライト前ヒット。さらに7番大賀が内野安打で続き1アウト1、2塁。 
勝ち越しのチャンスに8番森山。ファーボルで1アウト満塁。9番安田はレフトフライ、1番古賀は内野ゴロで満塁のチャンスいかせず。

5回 日大三高の安田 三者三振に抑える

〇5回表 鳥栖工業の攻撃 
前の回、鳥栖工業の攻撃を三者凡退に抑えた安田。2番打者を見逃しの三振。3番打者を変化球で空振りの三振。さらに続く4番打者をストレートで三振。この回、安田、三者三振に切って取りました。

〇5回ウラ 日大三の攻撃 
2番池内は内野ゴロで1アウト。この試合2安打の3番二宮。センター前にヒット。この日、3本目のヒット。1アウトランナー1塁。日大三、この回もランナーを出しました。 
続く4番針金はセカンドゴロ。2塁でランナーアウト。ランナー入れ替わる形で2アウトランナー1塁。5番佐々木は空振りの三振。

6回 日大三高 勝ち越し

〇6回表 鳥栖工業の攻撃 
安田、先頭打者を内野ゴロに打ち取るも、続く6番打者に内野安打で出塁許す。1アウトランナー1塁。7番打者が内野ゴロ。その間に1塁ランナーが2塁へ。8番打者を変化球で三振に。

〇6回ウラ 日大三高の攻撃 
先頭の6番岡村が出塁。ノーアウトランナー1塁から7番大賀の送りバントで1アウトランナー2塁とします。8番森山がセンターに運び1点勝ち越し。打った森山は2塁へ。 
9番安田は内野フライ。2アウトランナー2塁で1番古賀。ライト前ヒット。2アウトランナー1、3塁。 
2番池内、ショートゴロで3アウト。

日大三高、この回、1点勝ち越し。

7回 鳥栖工業も継投 兄弟バッテリーに

〇7回表 鳥栖工業の攻撃 
2回途中から登板している安田、この回、先頭の9番打者を内野ゴロ。続く1番打者はストレートで押し、最後は緩い球を打たせてとります。2番打者は内野ゴロで打ち取り、三者凡退に抑えます。

〇7回ウラ 日大三高の攻撃 
ここで鳥栖工業ピッチャー交代、エース古澤から1年生の松延へ。受けるキャッチャーは兄、兄弟バッテリーに。

先頭の3番二宮、センター前にこの日4本目のヒット。4番針金はライトへツーベースヒット。ノーアウトランナー2、3塁。 
追加点のチャンスに5番佐々木は空振りの三振。6番岡村はセカンドゴロで3塁ランナーアウトに。2アウトランナー2、3塁。7番大賀は変化球を打ち上げ、3アウト。追加点奪えませんでした。

8回 日大三高が追加点

〇8回表 鳥栖工業の攻撃 
中軸から始まる鳥栖工業の攻撃。3番打者をストレートで三振。4番打者は守備妨害でアウト。5番打者は外野フライに打ち取ります。

〇8回ウラ 日大三高の攻撃 
1点リードの日大三高、この回先頭は8番森山から。140キロを超えるストレートに三振。続く9番安田は三遊間に転がし、2塁まで進む。1番古賀、ライトフライでランナーは3塁へ。 
追加点のチャンスに2番池内、セカンドへ鋭い打球。1点追加。3番二宮は外野フライ。日大三高、この回、1点を追加し、終盤にリードをひろげました。

9回 日大三高 3回戦へ

〇9回表 鳥栖工業の攻撃 
2点リードで最終回のマウンドにあがる安田。この回の先頭は6番打者。内野ゴロに打ち取ります。7番打者を変化球の三振に。2アウトランナーなし。 
ここで鳥栖工業は代打。レフト前ヒットを許す。鳥栖工業は代走。さらに代打を送りますが変化球の空振り三振。

日大三高、3-1で鳥栖工業を破り3回戦進出。 

〇3回戦の対戦相手 
日大三高は3回戦で、岡山のおかやま山陽高校と対戦します。1回戦で甲子園初勝利を挙げたおかやま山陽は、2回戦では岐阜の大垣日大高校を延長10回タイブレークの末、4対3でサヨナラで破り、3回戦に進んでいます。

3回戦進出で監督や選手は

日大三高 三木監督 
「先制されて先発の谷亀がもう少し踏ん張るかと思ったが、これ以上点をやると厳しくなると思い2回途中で安田を登板させた。安田はよく投げたと思う。鳥栖工業は安田の低めのチェンジアップを見切っていたので、キャッチャーには、もっと中をつかっていいとアドバイスし、その後はカーブやチェンジアップがいきたと思う。これからは1戦1戦粘って頑張っていきたい」

2回途中から登板 安田投手 
「監督から、状況によっては序盤から行くぞと言われていたので、初回から肩を作って準備していました。2回は少し浮き足だってしまいましたが、3回から地に足を付けて投げきれました。チェンジアップをバットに当ててくるなと思いましたが、キャッチャーの配球を信じて投げました。(おかやま山陽高校の)きのうの試合を見ましたが、粘り強い打者が多いチームだと思うので、自分の任されたマウンドをしっかり守れればと思います」

6回に勝ち越し打 森山選手 
「前の試合でチャンスで2回凡退してしまったので、今回は絶対打ってやろうという気持ちで打席に立ちました。来た球を初球から打とうと思っていたので、センター前に落ちてくれてよかったです。(次の3回戦は)守備でチームを引っ張っていきたいです。前監督の小倉全由さんからもらったグローブを使っていて、絶対にエラーしたくないなかできょうはエラーしてしまったので次戦は無失策でいきたいです」

4安打のキャプテンの二宮選手 
「初戦の第1打席でヒットを打つことができなかった。どうしても打ちたかったので打てて良かった。鳥栖工業との試合は苦しい場面が続き、チームメートとは1点ずつ取っていこうと試合を進めてきました」

日大三高の1回戦は

1回戦、日大三高は3回、ツーアウト二塁で、キャプテンの二宮士選手がセンターの頭上を越えるフェンス直撃のタイムリーツーベースヒットを打ち、1点を先制しました。

先発したエースの安田虎汰郎投手は伸びのあるストレートにチェンジアップなどの落ちる変化球を織り交ぜて4回まで1人のランナーも出さず5回以降はランナーを背負いながらも要所を締めて得点を与えませんでした。

日大三高は5回と7回に1点ずつ加え、安田投手は9回を投げきってヒット2本に抑え完封、2回戦に進みました。

あわせて読みたい

ページトップに戻る